本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10066
Apacheの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
10/19/2010
危険度
?
緊急
説明

複数の重大な脆弱性がApache httpdにあります。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を利用してサービス拒否、機密情報の取得、コードの挿入、任意のコードの実行を行うことができます。
以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. 複数の整数オーバーフロー脆弱性は、Apache Portable Runtimeに関連するベクトルを介してリモートから悪用することができます。
  2. Expat 2.0.1に関連するベクトルは、特別に設計されたXML文書によって悪用される可能性があります。
  3. XSSの脆弱性は、特別に設計されたFTP URI経由でリモートから悪用される可能性があります
  4. mod_proxy_ftpに関連するベクトルは、EPSVコマンドまたは特別に形成されたHTTPヘッダーに対する特別に設計された応答を介してリモートから利用できます。
  5. 転送された暫定応答脆弱性を伴う不適切な作業は、多数の暫定応答を介してリモートから利用される可能性があります。
  6. 不適切な圧縮脆弱性は、接続操作によってリモートの攻撃者によって悪用される可能性があります。
  7. mod_cacheおよびmod_davに関連するベクトルは、特別に設計された要求を介してリモートから利用することができます。
  8. 不適切なmod_isapiアンロードは、リクエスト、パックされたコールバックポイント、コールバックポイントに関連するベクタを介してリモートから利用できます。
  9. メモリリークの脆弱性は、APRバケットに関連するベクトルを介してリモートから搾取される可能性があります。
  10. 不適切なヘッダ処理脆弱性は、特別に設計された要求を介してリモートから悪用される可能性があります。
影響を受ける製品

Apache httpd 2.0バージョン2.0.63以前

解決法

最新バージョンへのアップデート

オリジナル勧告

Apache changelog

影響
?
CI 
[?]

ACE 
[?]

OSI 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Apache HTTP Server
CVE-IDS
?

CVE-2010-0434
CVE-2010-1623
CVE-2010-0425
CVE-2010-1452
CVE-2009-3095
CVE-2009-3560
CVE-2009-1891
CVE-2008-2364
CVE-2009-3094
CVE-2008-2939
CVE-2009-3720
CVE-2009-2412


オリジナルへのリンク