本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.Win32.Zombie

クラス Virus
プラットフォーム Win32
説明

技術的な詳細

これは危険な非メモリ常駐暗号化寄生Win95ウイルスではありません。ウィルスは実行されてWin95カーネルをスキャンし、システムファイルアクセス機能の文書化されていないアドレスを取得します(以下のリストを参照)。次に、WindowsディレクトリのNewEXE Portable Executable(Win95およびNT)ファイルをC :, D :, E:およびF:ドライブサブディレクトリツリーで検索し、感染させます。

このウイルスを感染させると、PEヘッダーに新しいセクション ".Z0MBiE"が作成され、そのコードがファイルの最後に書き込まれ、Entry Pointのアドレスが変更されます。このウイルスはファイルの長さをセクションに合わせるため、感染時にファイル長がVirus_Lengthバイト以上になります。ウィルスはいくつかのファイルを不正に感染させますが、これらのファイルが実行されるとWindowsは標準エラーメッセージを表示します。

ウイルスはまた、ディスク上にZSETUP.EXEファイルを作成し、そこに "Zombie.VPI" DOSウイルスドロッパーに書き込みます。

ウイルスにはテキスト文字列が含まれ、これらの文字列の一部は感染中に使用されるシステム関数の名前です。


ExitProcess FindFirstFileA FindNextFileA CreateFileA SetFilePointer
ReadFile WriteFile CloseHandle GetCurrentDirectoryA SetCurrentDirectoryA
GetWindowsDirectoryA GetCommandLineA WinExec GetFileInformationByHandle
.Z0MBiE
Z0MBiE 1.01(c)1997
私の2番目の必殺技
TnxからSSRへ
ZSetUp.EXE


オリジナルへのリンク