本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.Multi.GoldBug

クラス Virus
プラットフォーム Multi
説明

技術的な詳細

GoldBugは、危険なメモリ常駐型マルチパートステルスウイルスではありません。このウイルスは、286台以上のコンピュータでDOS 5.0以降を実行する場合にのみ複製され、ユーザーがUMB(上位メモリブロック)でオペレーティングシステムを隠す場合にのみ複製されます。

ウイルスはハイメモリ領域に自身をコピーし、INT 13h、21hをフックしてハードドライブのMBRに感染させ、1.2MフロッピーのブートセクタとEXEファイルにアクセスします。ファイルの感染時に、このウイルスはコンパニオンとポリモーフィック技術を使用します。

このウイルスには内部テキスト文字列が含まれています:


CHKLIST ????
1O7 = 0SLMTA
ウイルスは最後の文字列(後方)をモデムポートに出力します。 "ATMLS0 = 7O1"。


オリジナルへのリンク