本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.MSWord.Showoff

クラス Virus
プラットフォーム MSWord
説明

技術的な詳細

テキスト(c)Michal A. Egler

このウイルスには、Hayo、AutoOpen、Nomercy2、Organizer、ToolsMacro、FileTemplatesという暗号化されたマクロが含まれています。

ウイルスは、ある月の13日目にC:WINDOWSSYSTEMNOMERCY.DLLというファイルを作成します。このファイルには、 NoMercy.575 DOS寄生ウイルスダンプコードのデバッグスクリプトが含まれています。このスクリプトを使用することで、ウイルスはウイルスドロッパーNOMERCY2.COMを作成します。
次に、ウイルスはファイルを削除します。


C:* .BAT
C:*。SYS
C:WINDOWS * .GRP
C:WINDOWS * .DRV
C:WINDOWS * .DLL
C:WINDOWSSYSTEM * .DRV
C:WINDOWSSYSTEM * .DLL

また、次のコマンドをAUTOEXEC.BATファイルに挿入してウイルス駆除ツールを実行します。


@echo off
nomercy2.com

コンピュータを再起動すると、ウイルスコードは常駐し、実行された各COMおよびEXEファイルに感染します。

このウイルスは、次のテキストを含むUserDialogを表示します。


No Mercy II [ウィルワードの地獄]、狂気は続く…..
NoMercy II�1997by CrazybitS
喫煙VulcanoesとGamelan Orchestrasの土地から
このマクロウイルスは、弟のNo Mercy

ウイルスによっては、マクロの名前が変更されることがあります。


Nomercy = AutoOpen
AutoClose = Nomercy2
AutoExec = Hayo
ToolsMacro = ToolsMacro
主催者=主催者
FileTemplates = FileTemplates

時々、ウイルスは次のテキストを含むUserDialogを表示します。


慈悲2は邪魔されませんでした!
Mmmmm ….あなたはあなたのファイルを失ったばかりです!
もう一度やってはいけない!


オリジナルへのリンク