本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.Linux.Gildo

クラス Virus
プラットフォーム Linux
説明

技術的な詳細

これは、危険な記憶常在型寄生虫ウイルスではありません。アセンブラ言語で書かれています。ファイルの操作中にシステムコール(システムコール)を使用します。このウイルスはELFファイルに感染します。それはファイルの中央に自分自身を書きます。

開始後、ウイルスはメインプロセスを分割し、作業を続けます。常駐部はルートからディレクトリをスキャンします。ウイルスは、見つかった各ファイルのアクセス権をチェックします。ファイルに書き込みアクセス権がある場合、ウイルスはそのファイルに感染します。ファイルを感染させている間、ウイルスはそのコードセクションのサイズを4096バイト増加させ、コードを空き領域に書き込みます。その後、ウイルスはELFファイルの上部セクションのパラメータを変更し、新しいエントリポイントを設定します。ウイルスは各開始時にメッセージを表示します:

ギルドウイルス
email Gildo@jazz.hm(コメント用)

ウイルスにはテキスト文字列が含まれています:

こんにちは、素敵な男の子、私はあなたがこのプログラムをnasmで楽しんでいただければ幸いです。私はすべての私のプログラマーの友人に感謝したい。ギルドから。 Netwide Assembler 0.98 .symtab .strtab .shstrtab .text .data .sbss .bss .comment

また、コンパイラからのデバッグ文字列も含まれています。

virus.asm親parent_process AHAH scan_dir c_stat others_permissions user_permissionsというgroup_permissions c_permissions is_regular_file c1_is_regular_file c2_is_regular_file is_directory c1_is_directory l_readdir skip_l_readdir e_l_readdir error_stat error_opening_file e_scan_dir infect_fileオープンno_open_error file_lengthのmmap c_mmap is_suitable error_suitable c1_is_suitable read_ehdr c_ehdr is_suitable_space patch_ehdr patch_e_entry patch_e_sh_offset patch_phdrs l_read_ph dont_patch_phtext dont_patch_ph patch_shdrs l_read_sh dont_patch_shtext dont_patch_sh find_current_entry_point書き込みsuit_errorのと、munmap mmap_error close open_error __exit __bss_startメイン_edata _end


オリジナルへのリンク