本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA11232
Google Chromeの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
04/17/2018
危険度
?
緊急
説明

Google Chromeでは複数の重大な脆弱性が発見されています。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用して、セキュリティ制限を回避し、機密情報を取得し、サービス拒否を引き起こし、ユーザーインターフェイスを偽装し、特権を取得し、任意のコードを実行し、不特定の攻撃を実行する可能性があります。

以下に、脆弱性の完全な一覧を示します。

  1. Disk Cacheの複数のuse-after-freeの脆弱性は、リモートから任意のコードを実行する可能性があります。
  2. WebAssemblyの使用後フリーの脆弱性は、リモートから任意のコードを実行する可能性があります。
  3. PDFiumの使用後フリーの脆弱性は、リモートから任意のコードを実行する可能性があります。
  4. Service Workerの複数の元バイパス脆弱性をリモートから悪用してセキュリティ制限を回避できます。
  5. Skiaのヒープバッファオーバーフローの脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  6. Service Workerによるプラグインの不適切な処理は、リモートから悪意のある攻撃を実行するために悪用される可能性があります。
  7. WebAssemblyの整数オーバーフローは、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  8. Oilpanの悪用を強化する回帰脆弱性は、不特定の攻撃を実行するためにリモートから悪用される可能性があります。
  9. 重要な情報を得るために、ファイルをアップロードする前にユーザーのやりとりに必要な意味がないことを遠隔から利用することができます。
  10. 複数のフルスクリーンUIスプーフィング脆弱性をリモートから悪用してユーザーインターフェイスを偽装することができます。
  11. Omniboxの複数のURL詐称の脆弱性は、ユーザーインターフェイスを偽装するためにリモートから悪用される可能性があります。
  12. ServiceWorkerのCORSバイパスは、セキュリティの制限をバイパスするためにリモートから利用できます。
  13. DevToolsのリモートデバッグプロトトールの保護が不十分であると、リモートから不正な攻撃を行うことができます。
  14. パーミッションのUIスプーフィングの脆弱性は、ユーザーインターフェイスを偽装するためにリモートから悪用される可能性があります。
  15. V8での約束の誤った取り扱いは、おそらく特権を得るために遠隔から利用することができます。
  16. FileAPIによるファイルの不正な処理は、任意のコードを実行する可能性があります。
  17. 平文ファイルの不正な処理は、file://を介してリモートから悪用される可能性があります。
  18. DevToolsのヒープ使用後の脆弱性は、リモートから任意のコードを実行する可能性があります。
  19. DevToolsでの不正なURL処理は、おそらくサービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  20. ナビゲーションのURL詐称の脆弱性は、ユーザーインターフェイスを偽装するためにリモートから悪用される可能性があります。
  21. CSPバイパス脆弱性は、セキュリティ制限をバイパスするためにリモートから悪用される可能性があります。
  22. ダウンロード時のSmartScreenバイパス脆弱性は、リモートから任意のコードを実行する可能性があります。
  23. WebAssemblyの誤ったローメモリ処理は、サービス拒否を引き起こし、任意のコードを実行する可能性があるため、リモートから悪用される可能性があります。
  24. 混乱を招くオートフィル設定は、機密情報を取得したり、サービス不能を引き起こしたりする可能性があります。
  25. MacOSのGoogle Software Updaterで分散オブジェクトを誤って使用すると、不特定の攻撃をリモートから行うことができます。
影響を受ける製品

66.0.3359.117より前のGoogle Chrome

解決法

最新バージョンに更新してください。 old_chromeという名前のファイルは、更新後も引き続き検出されます。更新プログラムのインストール時に古いバージョンを削除しないGoogle Chromeの更新ポリシーが原因です。追加の削除手順については、ベンダーに連絡してください。また、この種のアラートは、自己責任で無視してください。
Google Chromeのダウンロードページ

オリジナル勧告

Stable Channel Update for Desktop

影響
?
SUI 
[?]

ACE 
[?]

OSI 
[?]

SB 
[?]

PE 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Google Chrome
CVE-IDS
?

CVE-2018-6084
CVE-2018-6117
CVE-2018-6116
CVE-2018-6115
CVE-2018-6114
CVE-2018-6113
CVE-2018-6112
CVE-2018-6111
CVE-2018-6110
CVE-2018-6109
CVE-2018-6108
CVE-2018-6107
CVE-2018-6106
CVE-2018-6105
CVE-2018-6104
CVE-2018-6103
CVE-2018-6102
CVE-2018-6101
CVE-2018-6100
CVE-2018-6099
CVE-2018-6098
CVE-2018-6097
CVE-2018-6096
CVE-2018-6095
CVE-2018-6094
CVE-2018-6093
CVE-2018-6092
CVE-2018-6091
CVE-2018-6090
CVE-2018-6089
CVE-2018-6088
CVE-2018-6087
CVE-2018-6086
CVE-2018-6085


オリジナルへのリンク