本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。 Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。
Kaspersky ID:
KLA11184
検出日:
01/23/2018
更新日:
07/05/2018

説明

Mozilla FirefoxとMozilla Firefox ESRに複数の重大な脆弱性が存在します。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用してサービス拒否、ユーザーインターフェイスの偽装、機密情報の入手、任意のコードの実行、クロスサイトスクリプティング攻撃の実行、セキュリティ制限のバイパス、特権の取得などを行うことができます。

  1. サービス拒否を引き起こすために、複数のuse-after-free脆弱性をリモートから突き止めることができます。
  2. Webワーカーでの使用後の脆弱性は、サービス拒否を引き起こすために遠隔から探ることができます。
  3. WebAssemblyの複数のヒープオーバーフロー脆弱性をリモートから悪用してサービス拒否を引き起こす可能性があります。
  4. Skiaライブラリの整数オーバーフローの脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  5. WebExtentionsの不特定の脆弱性は、セキュリティ制限を回避するためにリモートから悪用される可能性があります。
  6. 機密情報を取得するために、開発者ツールの不特定の脆弱性をリモートから悪用することができます。
  7. 印刷プロセスにおける不特定の脆弱性は、セキュリティの制限をバイパスするためにリモートから悪用される可能性があります。
  8. Blob URLによる原点属性の分離違反は、機密情報を取得するためにリモートから利用することができます。
  9. 機密情報を取得するために、不特定の脆弱性がリモートから悪用される可能性があります。
  10. 不特定の脆弱性がリモートから悪用され、ユーザーインターフェイスを偽装する可能性があります。
  11. 特定されていない脆弱性は、ユーザーインターフェイスを偽装するために特別にフォーマットされたURLを介してリモートから悪用される可能性があります。
  12. デベロッパーツールパネルの拡張機能の不適切な強制要求は、遠隔から利用されてプライベージを得ることができます
  13. browser.identity.launchWebAuthFlow関数での要件の不適切な強制は、特権を得るために遠隔から利用することができます。
  14. 変更されたHttpOnly Cookieを誤って使用すると、セキュリティの制限をバイパスするためにリモートから悪用される可能性があります。
  15. 機密情報を取得するために特別に細工されたバックグラウンドネットワーク要求を介して、不特定の脆弱性をリモートから悪用する可能性があります。
  16. WebExtensionsでの要件の不適切な実施は、セキュリティ制限を回避するためにリモートから利用できます。
  17. 特定されていない脆弱性は、ユーザーインターフェイスを偽装するために特別に細工されたURLを介してリモートから悪用される可能性があります。
  18. アクティビティストリームの不特定の脆弱性は、セキュリティ制限を回避するためにリモートから悪用される可能性があります。
  19. 読者の表示では、不特定の脆弱性がリモートから悪用され、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を実行する可能性があります。
  20. アドレスバーの特定されていない脆弱性は、いくつかのチベット文字を介していくつかのフォントを介して遠隔から利用され、ユーザーインターフェースを偽装することができます。
  21. WebCryptoのDoCrypt機能における潜在的な整数オーバーフローの脆弱性は、サービス拒否に対してリモートから悪用される可能性があります。
  22. 複数のメモリ破損の脆弱性をリモートから悪用して任意のコードを実行することができます。

技術的な詳細

脆弱性(2) – (9)、(11) – (16)、(18)、(19)、(21)はMozilla Firefoxにのみ影響します。

脆弱性(10)、(20)はMozilla FirefoxのOS Xバージョンのみに影響します。

オリジナルアドバイザリー

CVEリスト

も参照してください

お住まいの地域に広がる脆弱性の統計をご覧ください statistics.securelist.com

この脆弱性についての記述に不正確な点がありますか? お知らせください!
カスペルスキープレミアム
デバイス、オンラインプライバシー、個人情報を完全に保護
プレミアム
Confirm changes?
Your message has been sent successfully.