本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10825
Microsoft Windowsの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
06/14/2016
危険度
?
緊急
説明

Microsoft Windowsでは複数の深刻な脆弱性が発見されています。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用して、任意のコードを実行したり、セキュリティ制限を回避したり、サービス拒否を引き起こしたり、特権を得たり、機密情報を入手することができます。

以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. DNSサーバーでの不適切な要求処理は、特別に設計された任意のコードの実行要求を介してリモートから悪用される可能性があります。
  2. グループポリシーの更新処理中の制限の不備は、インサネットからman-in-the-middle攻撃によって権限を得るために悪用される可能性があります。
  3. 不正なメモリオブジェクトの処理は、ログインした攻撃者が特権を得るために悪用される可能性があります。
  4. 仮想サービスプロバイダでの不適切な初期化されていないメモリ処理は、機密情報を取得するために特別に設計されたアプリケーションを介してログインした攻撃者によって悪用される可能性があります。
  5. 不適切なメモリオブジェクトの処理は、アドレス空間レイアウトのランダム化の制限を回避するために特別に設計されたアプリケーションを介してリモートから利用することができます。
  6. 不適切なメモリオブジェクトの処理は、特別に設計されたアプリケーションを介してローカルで悪用され、特権を得ることができます。
  7. Adobe Type Managerのフォント・ドライバーでの不適切なメモリー・オブジェクトの処理は、特別に設計されたアプリケーションを介してログインした攻撃者が権限を得るために悪用することができます。
  8. SMBでの不適切な資格情報転送は、ログインした攻撃者が特別に設計したアプリケーションを使用して特権を得ることによって悪用される可能性があります。
  9. 不適切なメモリオブジェクトの処理は、特権的に設計されたNetLogon要求を使用して特権を取得することにより、ドメイン認証された攻撃者によって悪用される可能性があります。
  10. プロキシ処理の欠如は、特別に設計されたNetBIOSの名前要求操作を介してリモートから悪用され、権限を得ることができます。
  11. WPADで不適切なプロキシ処理を行うと、十分な特権なしにトラフィックをリモートコントロールすることができます。
  12. Windows Diagnostics Hub標準コレクタサービスでの不適切な入力サニタイズは、ログインした攻撃者が特別に設計したアプリケーションを使用して特権を得るために悪用される可能性があります。
  13. 脆弱性を扱う不適切な.pdfファイルは、特別に設計されたpdf文書を介してリモートから悪用され、任意のコードを実行したり、機密情報を取得することができます。
  14. Active Directoryの不適切なマシンアカウントの作成は、サービス拒否を引き起こすためのマシンアカウント操作による十分な権限を持つユーザーによって悪用される可能性があります。
  15. 不正なメモリオブジェクトの処理は、サービス拒否を引き起こすために悪用される可能性があります。

技術的な詳細

脆弱性(1)は、DNSサーバーが構成されている場合にのみ悪用される可能性があります。

脆弱性(2)は、ドメインコントローラとターゲットマシン間のトラフィックに対する攻撃によって悪用される可能性があります。 Windows Server 2012以降を実行しているサーバーとWindows 8以上を実行しているクライアントを持つドメインに参加したシステム

Virtual PCIに関連する脆弱性(4)

GDI32.dllに関連する脆弱性(5)

ATMFD.dllに関連する脆弱性(7)

脆弱性(8)は、同じマシン上で実行されている別のサービスに対する認証要求を転送することによって悪用される可能性があります。この脆弱性を緩和するために、SMBサーバーの拡張保護を有効にすることができます。詳細は、下記のMS16-075勧告をご覧ください。

WPADに関連する脆弱性(10) 。一部の状況では、脆弱なプロキシ発見プロセスに陥ることが原因です。この脆弱性を緩和するには、WINSNetBT名前解決を無効にするか、ホストファイルエントリを使用してWPADを停止します。緩和の詳細については、下記のMS16-077のアドバイザリを参照してください。

脆弱性(11)は、WPADがホストファイルエントリを使用するのを停止することによって軽減できます。緩和の詳細については、下記のMS16-077のアドバイザリを参照してください。

影響を受ける製品

Microsoft Windows Vista Service Pack 2
Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 2
Microsoft Windows 7 Service Pack 1
Microsoft Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows RT 8.1
Microsoft Windows 10
Microsoft Windows 10 Versioin 1511

解決法

Windows UpdateにリストされているKBセクションから必要な更新プログラムをインストールします(Windows Updateは通常、コントロールパネルからアクセスできます)

オリジナル勧告

MS16-073
MS16-072
MS16-071
MS16-081
MS16-077
MS16-076
MS16-075
MS16-074
MS16-082
MS16-080
MS16-078

影響
?
ACE 
[?]

OSI 
[?]

SB 
[?]

PE 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Windows RT
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2008
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 10
CVE-IDS
?

CVE-2016-3299
CVE-2016-3201
CVE-2016-3203
CVE-2016-3213
CVE-2016-3215
CVE-2016-3216
CVE-2016-3218
CVE-2016-3219
CVE-2016-3220
CVE-2016-3221
CVE-2016-3223
CVE-2016-3225
CVE-2016-3227
CVE-2016-3228
CVE-2016-3231
CVE-2016-3232
CVE-2016-3236

Microsoftの公式アドバイザリ
MS16-073
MS16-072
MS16-071
MS16-081
MS16-077
MS16-076
MS16-075
MS16-074
MS16-082
MS16-080
MS16-078
KBリスト

3162343
3161561
3163017
3163018
3159398
3161949
3161664
3164033
3164035
3164294
3157569
3161951


オリジナルへのリンク