本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.Multi.JumpBoot

クラス Virus
プラットフォーム Multi
説明

技術的な詳細

それは非常に危険な記憶常駐型マルチパーティーウィルスです。感染したファイルを実行すると、ウイルスはハードドライブのMBRに感染し、その制御をDOSに返します。感染したディスクから読み込んでいる間、ウイルスは自身をInterrupt Vectors Tableにコピーし、INT 13hをフックしてメモリ常駐します。感染したMBRにアクセスしている間、ウイルスはステルス感染しています。

フロッピーディスクにセクタを書き込む間、ウイルスはセクタの最初のバイトをチェックします。そのバイトはJMPコマンド(E9hまたはEBh)であり、そのコードはそのセクターを上書きします。その結果、JMP命令で始まるCOMファイルは、これらのファイルがフロッピーディスクにコピーされるときにウイルスコピーで上書きされます。ウイルスがチェックしていないセクタを上書きすると、そのセクタがファイルの先頭になります。したがって、ウイルスはそのコピーをファイル中央に書き込むことができます。ファイルを感染させた後、ウイルスは感染ルーチンを無効にし、次回の再起動までファイルを感染させません。


オリジナルへのリンク