本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.Multi.Angela

クラス Virus
プラットフォーム Multi
説明

技術的な詳細

これは、ハードドライブのMBRセクタ、フロッピードライブのブートセクタ、DOS EXEファイル、mIRCクライアントに感染してIRCチャネルを介して拡散するマルチパートウイルスです.Microsoft Outlookを使用してメールを送信します。

ウイルスは、感染したフロッピーディスクのコンピュータ、感染したDOS EXEファイル、または電子メールメッセージの感染した添付ファイルとして表示されることがあります。

ウイルスはペイロードを持たず、1つを除いて何も表示されません – ファイルを削除します:

C:WINDOWSSYSTEMIOSUBSYSHSFLOP.PDR

ウィルスはこのファイルを削除して、旧式のINT 13h方法を使用してWindowsにフロッピーディスクセクタを操作させる必要があります(これは、ウイルスがディスク感染およびステルスルーチンを実行するために必要です。

感染したディスクから起動する

感染したディスクからロードすると、ウイルスはINT 13h(ディスクアクセス)とINT 1Ch(タイマー)をフックします。タイマーフックを使用することで、ウイルスはシステムが起動するまで待機し、INT 21h(DOS機能)をフックして実行されるDOS EXEファイルを感染させます。 INT 13hをフックすると、このウイルスはフロッピーディスクにアクセスし、ブートセクタに感染します。このウイルスは、感染したディスクセクタにアクセスする際に{stealth:Stealth}機能を実現します。

感染したDOS EXEファイルの実行

ウイルスは感染したDOS EXEファイルから実行されると、ハードドライブのMBRセクタに感染し、DOS EXEドロッパーを作成して登録し、電子メールで広がるVBSスクリプトプログラムを作成し、IRCチャネルに送信するmIRCスクリプトを作成します。

ウイルスドロップダンプはANGELA.EXEという名前を持ち、C:WINDOWSSYSTEMディレクトリに作成されます(Windowsが別のディレクトリにインストールされている場合、ウイルスはIRCおよび電子メールには拡散できません)。このファイルは、C:AUTOEXEC.BATファイルで再起動するたびに実行されるように登録されています。ウイルスは、リブートするたびにこのファイルを実行するコマンドを書き込み、そのファイルにコメントを追加します。

@ECHO OFF
c:windowssystemangela.exe
REM – 削除しないでください!

ウイルスドロッパーは、感染したDOS EXEファイルのウイルスと同じことを行います。つまり、ウイルスコンポーネント(VBSまたはmIRCスクリプト)のいずれかが削除された場合、ウイルスは次回の再起動時にそのウイルスコンポーネントを再作成します。

郵送

このウイルスは、Windowsの起動ディレクトリにANGELA.VBSファイルを作成します。その結果、このスクリプトは各Windowsの起動時にアクティブになります。スクリプトアクセスMS Outlookのプログラムは、アドレス帳レコードを取得し、そこにある最初の20個のアドレスにウイルスコピー(ANGELA.EXEドロッパー)を送信します。メッセージには次のものがあります。

件名:最後にそれを見つけました!
Body:ここにあなたが私に求めたファイルは…
添付ファイル名:angela.exe

その後、スクリプトはVBSファイルを削除し、同じWindows Seanceで送信された感染メッセージはなくなりますが、コンピュータを再起動すると、ANGELA.EXEドロッパーがAUTOEXEC.BATから起動され、VBSが再作成されますメールルーチン。

IRCチャネルに感染する

このウイルスは、C:MIRCディレクトリにSCRIPT.INIファイルを作成します。このスクリプトは、感染したIRCチャネルに参加するすべてのユーザーにANGELA.EXEドロッパーを送信します。


オリジナルへのリンク