本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.DOS.Kontragapi

クラス Virus
プラットフォーム DOS
説明

技術的な詳細

これは危険な記憶型の多型性寄生虫ウイルスである。このウイルスは、システムの日付が1998年の場合にのみ機能します。それ以外の場合、ウイルスはシステムメモリにインストールされません。このウイルスをインストールすると、INT 21hがフックされ、アクセスされたCOMファイルの終わりに自分自身が書き込まれます。ウイルスは、ファイル名がF、TB、AV、VIR、SCAN、KILL(F-PROT、TBAV、AVPなど)で始まる場合、メッセージを表示する小さなプログラムをファイルヘッダーに書き込みます:


コンラタピ
これは「Entry Point Obscuring」ウイルスです。つまり、ファイルヘッダーにJMP_Virus命令がありません。このウイルスは、標準的な方法の1つを使用してファイルの中央にJMP_Virusを書き込みます。ファイルヘッダーを読み取り、JMP_Virusコードの適切な場所の見た目で逆アセンブルします。


オリジナルへのリンク