本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

P2P-Worm.Win32.Palevo

検出日 06/26/2009
クラス P2P-Worm
プラットフォーム Win32
説明

合法性をシミュレートするために、ワームのファイルにはファイルに関するダミーの情報が含まれています。

ワームは、クラス "Progman"(これはマルウェアが "explorer.exe"プロセスを検出する方法です)を持つウィンドウに対応するプロセスを探し出し、コードをこのプロセスに注入して実行を停止します。

このプロセスに注入された悪質なコードがインストールされ、バックドア機能が実行されます。これを行うために、リモートホストに接続します:




prcoli *** nica.com



krete *** epotice.ru



somb *** osting.net



84。***。194



dz *** tarts.com



ワームは、悪意のあるユーザーからの指示に従って、次の操作を実行できます。

  1. 感染したコンピュータにファイルをダウンロードし、実行するために起動します。ダウンロードしたファイルは、ユーザーの一時フォルダにランダムな名前で保存されます。
     %Temp%<rnd> .exe 

    ここで、<rnd>は乱数です。

    ダウンロードしたファイルを「Crack.exe」と「Keygen.exe」という名前で、ローカルマシン上のP2Pネットワークファイル共有ディレクトリに保存することができます。また、次のディレクトリに保存することもできます。

    
    
    
    %ALLUSERSPROFILE%ローカル設定アプリケーションDataAresMy共有フォルダ

    これらのシステムレジストリキーのパラメータを分析することによって、P2Pネットワークファイル共有ディレクトリの名前を取得します。

    
    
    
    [HKCUSoftwareBearShareGeneral]
    
    
    
    [HKCsoftwareMeshGeneral]
    
    
    
    [HKCUSoftwareShareazaShareazaダウンロード]
    
    
    
    [HKCUSoftwareKazaaLocalContent]
    
    
    
    [HKCUSoftwareDC ++]
    
    
    
    [HKCUSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionUninstalleMule Plus_is1]
    
    
    
    
  2. "hosts"ファイルの内容を変更する:
    
    
    
    %システム%エッチスト

    つまり、ユーザーが訪問したインターネットリソースへのアクセスをブロックしたり、ユーザーを他のリソースにリダイレクトしたりすることができます。

  3. 悪意のあるユーザーが指定したサーバーに対してDoS攻撃を実行します。
  4. ワームの本体を書き込みアクセス可能なすべてのネットワークとリムーバブルドライブにコピーします。また、以下の添付ファイルをすべてのディスクのルートに配置します。
     <X>:autorun.inf 

    <X>はネットワークドライブまたはリムーバブルディスクの文字です。同時に、ワームのコピーに「隠れた」属性と「システム」属性を割り当てます。

    このファイルは、ユーザーがExplorerを使用して感染したディスクにアクセスするたびに、ワームのコピーから実行可能ファイルを起動します。

  5. ユーザーが次のブラウザを使用している場合、インターネットリソースの名前とそのパスワードを悪意のあるユーザーのアドレスに送信します。
    
    
    
    Mozilla Firefox
    
    
    
    インターネットエクスプローラ
    
    
    
    オペラ
    
    
    
    

執筆時には、このワームは次のURLから最新バージョンをダウンロードして実行用に起動しました。

 http://188.***.27/jebacina/418.exe 


オリジナルへのリンク