本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA11179
Oracle VM VirtualBoxにおける複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
01/18/2018
危険度
?
緊急
説明

Oracle VM VirtualBoxには複数の重大な脆弱性が存在します。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を利用して機密情報を取得し、特権を得ることができます。

以下に、脆弱性の完全な一覧を示します。

  1. Oracle Virtualizationのコア・サブコンポーネントの複数の不特定の脆弱性をローカルに活用して権限を取得し、機密情報を取得することができます。
  2. Oracle VirtualizationのGuest Additionsサブコンポーネントの不特定の脆弱性は、ローカルで悪用されて権限を取得し、機密情報を取得する可能性があります。
  3. Oracle VM VirtualBoxのOpenSSLコンポーネントの脆弱性は、x86_64 Montgomery squaring関数のキャリー伝播の脆弱性を利用してリモートから悪用され、SSL秘密鍵に関する機密情報を取得できます。

技術的な詳細

脆弱性(3)は、Intel Broadwell(5世代)以降またはAMD RyzenのようなBMI1、BMI2、およびADX拡張をサポートするプロセッサで1.0.2mより前のOpenSSLと1.1.0より前の1.1.0にのみ影響します。

影響を受ける製品

5.1.32より前のOracle VM VirtualBox 5.1.x
5.2.6より前のOracle VM VirtualBox 5.2.x

解決法

最新バージョンへのアップデート
Oracleソフトウェアのダウンロード

オリジナル勧告

Oracle Critical Patch Update Advisory – January 2018

影響
?
OSI 
[?]

PE 
[?]
関連製品
Oracle VirtualBox
CVE-IDS
?

CVE-2018-2698
CVE-2018-2694
CVE-2018-2693
CVE-2018-2690
CVE-2018-2689
CVE-2018-2688
CVE-2018-2687
CVE-2018-2686
CVE-2018-2685
CVE-2018-2676
CVE-2017-5715
CVE-2017-3736


オリジナルへのリンク