本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA11122
Oracle Java SE、Java SE EmbeddedおよびJRockitの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
10/17/2017
危険度
?
重要
説明

Oracle Java SEでは複数の深刻な脆弱性が発見されています。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用してサービス拒否を引き起こし、セキュリティ制限を回避できます。

以下に、脆弱性の完全な一覧を示します。

  1. サブコンポーネントのスマートカードIOの特定されていない脆弱性は、機密情報を取得してセキュリティ制限を回避するために、認証されていない攻撃者によって複数のプロトコルを介してリモートから悪用される可能性があります。
  2. サブコンポーネントの不特定の脆弱性Serializationは、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してリモートからサービス拒否を引き起こす可能性があります。
  3. サブコンポーネントRMI(Remote Method Invocation)の不特定の脆弱性は、セキュリティ制限を回避するために認証されていない攻撃者によって複数のプロトコルを介してリモートから悪用される可能性があります。
  4. サブコンポーネントJavadocの不特定の脆弱性は、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用して任意のコードを実行することによってリモートから悪用される可能性があります。
  5. サブコンポーネントNetworkingの不特定の脆弱性は、認証されていない攻撃者によってHTTP経由でリモートから悪用され、バイパスセキュリティ制限を引き起こす可能性があります。
  6. サブコンポーネント展開の不特定の脆弱性は、セキュリティ制限を回避するために、複数のプロトコルを介して認証されていない攻撃者によってリモートから悪用される可能性があります。
  7. サブコンポーネントサーバーの不特定の脆弱性は、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してリモートから悪用され、サービス拒否やセキュリティ制限を回避できます。
  8. サブコンポーネントサーバーの不特定の脆弱性は、認証されていない攻撃者によって複数のプロトコルを介してリモートから悪用され、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
  9. サブコンポーネントの不特定の脆弱性Serializationは、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してリモートからサービス拒否を引き起こす可能性があります。
  10. サブコンポーネントHotspotの特定されていない脆弱性は、認証されていない攻撃者がセキュリティ制限を回避するために複数のプロトコルを使用してリモートから悪用される可能性があります。
  11. サブコンポーネントの不特定の脆弱性Serializationは、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してリモートからサービス拒否を引き起こす可能性があります。
  12. サブコンポーネントライブラリの不特定の脆弱性は、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してリモートから悪用され、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
  13. サブコンポーネントJAXP(XML ProcessingのためのJava API)の不特定の脆弱性は、認証されていない攻撃者によって複数のプロトコルを介してリモートからサービス拒否を引き起こす可能性があります。
  14. サブコンポーネントJAX-WS(Java Webサービス用Java API)の不特定の脆弱性は、認証されていない攻撃者によって複数のプロトコルを介してリモートから悪用され、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
  15. サブコンポーネントNetworkingの不特定の脆弱性は、認証されていない攻撃者によって複数のプロトコルを介してリモートから悪用され、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
  16. サブコンポーネントセキュリティの不特定の脆弱性は、認証されていない攻撃者がセキュリティ制限を回避するために複数のプロトコルを使用してリモートから悪用される可能性があります。
  17. サブコンポーネントの不特定の脆弱性Serializationは、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してリモートからサービス拒否を引き起こす可能性があります。
  18. サブコンポーネントサーバーの不特定の脆弱性は、HTTPプロトコルを介して認証されていない攻撃者によってリモートから悪用され、セキュリティ制限を回避できます。
  19. サブコンポーネントライブラリの不特定の脆弱性は、セキュリティ制限を回避するために、複数のプロトコルを介して認証されていない攻撃者によってリモートから悪用される可能性があります。

技術的な詳細

脆弱性(1)、(4)、(6)はJava SEに関連しています。

脆弱性(2)、(5)、(9)、(15)および(16)は、Java SE、Java SE EmbeddedおよびJRockit

脆弱性(3)、(10)、(12)、(13)、(14)、(17)および(19)は、Java SEおよびJava SE Embeddedに関連しています。

脆弱性(7)、(8)、(18)はJava Management Consoleに関連しています。

脆弱性(11)は、Java SEおよびJRockitに関連しています。

影響を受ける製品

6u161より前のJava SE 6バージョン
7u151より前のJava SE 7のバージョン
8u151より前のJava SE 8のバージョン
8u151より前のJava SE Embeddedバージョン
Java SEバージョン9
JRockit R28.3.15

解決法

最新バージョンへのアップデート
ソフトウェアのダウンロード

オリジナル勧告

Oracle Critical Patch Update Advisory – October 2017

影響
?
ACE 
[?]

SB 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Oracle JRockit
Oracle Java JRE 1.8.x
Oracle Java JRE 1.7.x
Oracle Java JDK 1.8.x
Oracle Java JDK 1.7.x
CVE-IDS
?

CVE-2017-10388
CVE-2017-10386
CVE-2017-10380
CVE-2017-10357
CVE-2017-10356
CVE-2017-10355
CVE-2017-10350
CVE-2017-10349
CVE-2017-10348
CVE-2017-10347
CVE-2017-10346
CVE-2017-10345
CVE-2017-10342
CVE-2017-10341
CVE-2017-10309
CVE-2017-10295
CVE-2017-10293
CVE-2017-10285
CVE-2017-10281
CVE-2017-10274

Microsoftの公式アドバイザリ
マイクロソフトセキュリティアップデートガイド
KBリスト

KB is Microsoft Knowledge Base article (In security case it corresponds Microsoft Security Advisory). KB is an atomic part of Microsoft security updates, which is detected by Microsoft Updater and can be installed or reverted. KB can contain not only programmatically updates and not only updates released by Microsoft.


オリジナルへのリンク