本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA11002
Microsoft EdgeおよびMicrosoft Internet Explorerの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
05/09/2017
危険度
?
緊急
説明

Microsoft Edge、Microsoft Internet Explorer 9から11まで、複数の深刻な脆弱性が発見されています。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用して任意のコードを実行し、特権を取得し、セキュリティ制限をバイパスし、

以下に、脆弱性の完全な一覧を示します。

  1. Microsoft Internet Explorerでの混在コンテンツの不適切な処理は、悪意のあるWebサイトまたはセキュリティ上の制限を回避するために特別に設計された* .urlファイルを含む電子メールを介してリモートから悪用される可能性があります。
  2. Microsoft Edgeのメモリ内のオブジェクトへの不正アクセスは、特別に設計されたWebサイトを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行する可能性があります。
  3. Microsoft Internet Explorerでメモリ内のオブジェクトへのアクセスを処理することに関連するJavaScriptエンジンの複数の脆弱性は、特別に設計されたWebサイトを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  4. レンダリング中に行われたJavaScriptエンジンのオブジェクトの不正な処理に関連する複数の脆弱性は、特別に設計されたWebサイトやMicrosoftドキュメント、または「初期化に安全」とマークされた組み込みActiveXコントロールを介してリモートから悪用され、
  5. Microsoft Internet Explorerでの混在コンテンツの不適切な処理は、特別に設計されたWebサイトを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  6. Microsoft EdgeのMicrosoftスクリプトエンジンによって行われるメモリ内のオブジェクトの不正な処理に関する複数の脆弱性は、特別に設計されたWebサイトやMicrosoftドキュメント、または「初期化に安全」とマークされた埋め込みActiveXコントロールを介してリモートから悪用され、
  7. 不適切なHTML解析やSmartScreenフィルターの不正なレンダリング方法は、ユーザーインターフェイスを偽装するために特別に設計されたURLを使用してリモートから悪用することができます。
  8. Microsoft Edgeの誤ったサンドボックス処理は、AppContainerサンドボックスからエスケープして特権を得るためにリモートから悪用される可能性があります。
  9. Chakra JavaScript Engineの複数の脆弱性は、特別に設計されたWebサイトやMicrosoftドキュメント、または「初期化に安全」とマークされた組み込みActiveXコントロールを介してリモートから悪用され、
  10. JavaScriptエンジンのメモリ内のオブジェクトの不適切な処理は、特別に設計されたWebサイトやMicrosoftドキュメント、または「初期化に安全」とマークされた組み込みActiveXコントロールを介してリモートから悪用される可能性があります。
  11. Microsoft EdgeのURLにあるドメインレスページの不適切なレンダリングは、イントラネットゾーンのコンテキストで権限を取得してアクションを実行し、ブラウザの一部の機能にアクセスするために特別に設計されたWebページを訪問させることによって、リモートから悪用される可能性があります。インターネットゾーンのコンテキストでブラウジング中は利用できません。

技術的な詳細

脆弱性(1)は安全でないHTTSの場所に安全でないHTTPコンテンツをロードすることを可能にします。

Chakra JavaScript Engineの脆弱性(9)は、Microsoft Edgeでのレンダリングに関連しています。

上記のすべての脆弱性を、特別に設計されたWebページを介して悪用するには、悪意のあるユーザーが何らかの理由でユーザーを訪問させる必要があります。

影響を受ける製品

マイクロソフトエッジ
Microsoft Internet Explorerバージョン9〜11

解決法

Windows UpdateにリストされているKBセクションから必要な更新プログラムをインストールします(Windows Updateは通常、コントロールパネルからアクセスできます)

オリジナル勧告

CVE-2017-0266
CVE-2017-0241
CVE-2017-0240
CVE-2017-0238
CVE-2017-0236
CVE-2017-0235
CVE-2017-0234
CVE-2017-0233
CVE-2017-0231
CVE-2017-0230
CVE-2017-0229
CVE-2017-0228
CVE-2017-0227
CVE-2017-0226
CVE-2017-0224
CVE-2017-0222
CVE-2017-0221
CVE-2017-0064
CVE-2017-0223

影響
?
SUI 
[?]

ACE 
[?]

SB 
[?]

PE 
[?]
関連製品
Microsoft Internet Explorer
Microsoft Edge
CVE-IDS
?

CVE-2017-0266
CVE-2017-0241
CVE-2017-0240
CVE-2017-0238
CVE-2017-0236
CVE-2017-0235
CVE-2017-0234
CVE-2017-0233
CVE-2017-0231
CVE-2017-0230
CVE-2017-0229
CVE-2017-0228
CVE-2017-0227
CVE-2017-0226
CVE-2017-0224
CVE-2017-0222
CVE-2017-0221
CVE-2017-0064

Microsoftの公式アドバイザリ
CVE-2017-0266
CVE-2017-0241
CVE-2017-0240
CVE-2017-0238
CVE-2017-0236
CVE-2017-0235
CVE-2017-0234
CVE-2017-0233
CVE-2017-0231
CVE-2017-0230
CVE-2017-0229
CVE-2017-0228
CVE-2017-0227
CVE-2017-0226
CVE-2017-0224
CVE-2017-0222
CVE-2017-0221
CVE-2017-0064
CVE-2017-0223
KBリスト

4016871
4019474
4018271
4019215
4019264
4019216
4034668
4034733
4034674
4034681
4034658
4034660


オリジナルへのリンク