本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10969
Mozilla FirefoxとMozilla Firefox ESRの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
03/07/2017
危険度
?
緊急
説明

Mozilla FirefoxとMozilla Firefox ESRに複数の重大な脆弱性が存在します。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を利用して機密情報を取得し、任意のコードを実行し、サービス拒否を引き起こし、特権を得ることができます。

以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. asm.jsのメモリ破損の脆弱性は、サービス拒否につながるASLRおよびDEP保護をバイパスするためにリモートから悪用される可能性があります。
  2. トリガ可能なWebコンテンツのメモリ破損の脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  3. イベントが発生したときに発生する可能性のある「使用後の脆弱性」の脆弱性は、FontFaceオブジェクトを破棄してからサービス拒否を引き起こす可能性があります。
  4. 選択範囲の範囲を操作する際に発生する可能性のある使用後の脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  5. SVGフィルタのピクセルと履歴を盗む脆弱性は、機密情報を取得するためにリモートから悪用される可能性があります。
  6. JavaScriptガベージコレクションのメモリ破損の脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  7. CORSにおけるクロスオリジンの読み取りの脆弱性は、機密情報を取得するためにリモートから悪用される可能性があります。
  8. FTP接続のポートの初期化されていない値の使用は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  9. メモリ破損の脆弱性がリモートから悪用され、任意のコードを実行する可能性があります。
  10. Mozilla Windowsアップデータとメンテナンスサービスのファイル削除の脆弱性は、コールバックパラメータを介してリモートから悪用され、特権を得ることができます。
  11. Element :: DescribeAttribute()の範囲外アクセスによって引き起こされるメモリ破損の脆弱性は、任意のコードを実行したり、サービス不能を引き起こしたりする可能性があります。
  12. DOM内の不適切なルートオブジェクトに範囲を追加する際に発生する使用後の脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  13. Skiaグラフィックライブラリのセグメンテーションフォールトの脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  14. libGLESのバッファストレージでの使用後の脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  15. SVGフィルタのバッファオーバーフロー読み出しは、リモートから悪用され、上書きされたファイルに含まれる情報の一部が失われる可能性があります。
  16. 双方向操作中に発生する可能性のあるセグメンテーションフォルトの脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  17. ファイルピッカーによって選択された不正なローカルデフォルトディレクトリは、機密情報を取得するためにリモートから悪用される可能性があります。
  18. blob URLの未知の脆弱性がリモートから利用され、ユーザーインターフェイスの変更につながる可能性があります。
  19. HttpChannelのネットワークイベントリスナーの早すぎるリリースは、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  20. ドラッグ&ドロップによるURLの未知の脆弱性がリモートから利用され、ユーザーインターフェイスの変更につながる可能性があります。
  21. 存在しないchrome.manifestの読み込みは特権を得るために悪用される可能性があります。
  22. 解析時に読み取られた範囲外HTTPダイジェスト認証応答をリモートで悪用してサービス拒否を引き起こしたり、機密情報を取得することができます。
  23. 反復認証プロンプトは、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  24. アドレスバーの位置をわかりにくくする可能性のある未知の脆弱性は、ユーザーインターフェイスの変更につながるリモートで悪用される可能性があります。
  25. ポップアップウィンドウが有効になっている場合に発生する可能性のある未知の脆弱性は、ユーザーインターフェイスの変更につながるリモートから悪用される可能性があります。
  26. ビューソース内の1つのハイパーリンク内でシリーズ内で使用されている不正なプロトコルは、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。

技術的な詳細

脆弱性1-10はMozilla Firefox ESRに関連しています。

すべての脆弱性はMozilla Firefoxに関連しています。

注:この脆弱性には公開CVSS評価がないため、評価は時間によって変更できます。
注意:この瞬間、Mozillaはこの脆弱性のためにCVE番号を予約しました。情報はすぐに変更することができます。

影響を受ける製品

Mozilla Firefoxのバージョンが52.0より前
Mozilla FirefoxのESRバージョン45.8.0より前

解決法

最新バージョンへのアップデート
Mozilla Firefox ESR
Mozilla Firefox

オリジナル勧告

MFSA 2017-05
MFSA 2017-06

影響
?
SUI 
[?]

ACE 
[?]

OAF 
[?]

OSI 
[?]

PE 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Mozilla Firefox ESR
Mozilla Firefox
CVE-IDS
?

CVE-2017-5420
CVE-2017-5427
CVE-2017-5417
CVE-2017-5415
CVE-2017-5409
CVE-2017-5398
CVE-2017-5399
CVE-2017-5422
CVE-2017-5421
CVE-2017-5405
CVE-2017-5419
CVE-2017-5418
CVE-2017-5426
CVE-2017-5425
CVE-2017-5416
CVE-2017-5414
CVE-2017-5413
CVE-2017-5412
CVE-2017-5408
CVE-2017-5411
CVE-2017-5410
CVE-2017-5407
CVE-2017-5406
CVE-2017-5404
CVE-2017-5403
CVE-2017-5402
CVE-2017-5401
CVE-2017-5400


オリジナルへのリンク