本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10953
Mozilla FirefoxとMozilla Firefox ESRの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
01/24/2017
危険度
?
緊急
説明

Mozilla FirefoxとMozilla Firefox ESRに複数の重大な脆弱性が存在します。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用して機密情報を入手したり、コードを挿入したり、任意のコードを実行したり、セキュリティ制限をバイパスしたり、サービス拒否を引き起こしたりする可能性があります。

以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. JITコード割り当てにおけるメモリ破損の脆弱性は、サービス拒否につながるASLRおよびDEP保護をバイパスするためにリモートから悪用される可能性があります。
  2. XSLTドキュメントのXSLを操作しているときに、フリー・アフター・フリーの脆弱性がリモートから利用される可能性があります。
  3. Javaスクリプトの脆弱性でページ間でハッシュコードを共有する処理が正しくないと、サービス拒否が発生する可能性があります。
  4. SVGコンテンツのDOM操作時には、フリー・アフター・フリーの脆弱性がリモートからファジングによって悪用される可能性があります。
  5. 開発者ツールのJsonビューアで安全でないメソッドをリモートから悪用して、潜在的な権限の昇格を許可することができます。
  6. Media Decoderの使用後の脆弱性は、機密情報を取得するためにリモートから悪用される可能性があります。
  7. URLの一部のUnicode文字の不適切な処理は、ロケーションバーのドメイン名のなりすましを許可するためにリモートから悪用される可能性があります。
  8. データの不適切な処理:WebExtensionsスクリプトでは、機密情報を取得するためにリモートから悪用される可能性があります。
  9. メモリ破損の脆弱性がリモートから悪用され、任意のコードを実行する可能性があります。
  10. Skiaのメモリ破損の脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  11. Webアニメーションでのフリー・アフター・フリーの脆弱性は、ファジシングを介してリモートから利用することができます。
  12. WebExtensionsの未知の脆弱性がリモートから悪用され、潜在的な権限の昇格が可能になります。
  13. 証明書ビューアの「エクスポート」機能の不適切な処理は、セキュリティ制限を回避するために悪用される可能性があります。
  14. RSSフィードのフィードプレビューで未知の脆弱性がリモートから悪用され、潜在的な権限の昇格が可能になります。
  15. WPADのJavaScript関数の不適切な処理は、特別に設計されたプロキシ自動設定ファイルを介してリモートから利用できます。
  16. マルチパートチャネルで送信されたデータによるreferrer-policyレスポンスヘッダーの不適切な処理は、機密情報を取得するためにリモートから利用できます。
  17. ロケーションバーの未知の脆弱性をリモートから悪用して、ロケーションバーを偽装することができます。
  18. コンテンツの不適切な取り扱い:about:潜在的な権限の昇格を許可するためにリモートから悪用される可能性があります。
  19. メモリ破損の脆弱性は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  20. mozAddonManagerのCSPヘッダーの不適切な処理は、リモートからコードインジェクションを行うために悪用される可能性があります。
  21. エラーの脆弱性を二重に発射することは、機密情報を得るために遠隔から利用される可能性があります。
  22. 多くのwebkitRTCPeerConnectionオブジェクトを持つSTUNサーバの不適切な処理は、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。

技術的な詳細

脆弱性(5)は、JSONまたはHTTPヘッダーデータをコピーして表示するための通信チャネルを作成する、安全でない方法を使用することによって発生します。

脆弱性(12)は、適切なアクセス許可でCSPヘッダーを変更し、ホストの要求を使用してスクリプトの読み込みを悪意のあるサイトにリダイレクトすることによって引き起こされる可能性があります。

脆弱性(13)を悪用することで、リモートの攻撃者は証明書の内容を任意のファイル名で安全でない場所に保存することができます。

脆弱性(17)は、フルスクリーンモードと組み合わせた一連のJavaScriptイベントや、新しいページの既存のロケーションバーからのスクロールによって引き起こされる可能性があります。

脆弱性(18)は、iframe内の特権ページを読み込むことができるページを使用するWebコンテンツによって引き起こされる可能性があります。

脆弱性(22)は、e10sシステムにレート制限が適用されていないため、短時間で大きなSTUNパケットを送信することによって発生する可能性があります。

脆弱性10-22はMozilla Firefoxのみです。

注:この脆弱性には公開CVSS評価がないため、評価は時間によって変更できます。

注意:この瞬間、Mozillaはこの脆弱性のためにCVE番号を予約しました。情報はすぐに変更することができます。

影響を受ける製品

Mozilla Firefoxのバージョンが51.0より前
Mozilla Firefox ESRバージョン45.7.0より前

解決法

最新バージョンへのアップデート
Mozilla Firefox ESR
Mozilla Firefox

オリジナル勧告

MFSA 2017-02
MFSA 2017-01

影響
?
WLF 
[?]

SUI 
[?]

CI 
[?]

ACE 
[?]

OSI 
[?]

SB 
[?]

PE 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Mozilla Firefox ESR
Mozilla Firefox
CVE-IDS
?

CVE-2017-5374
CVE-2017-5388
CVE-2017-5387
CVE-2017-5395
CVE-2017-5393
CVE-2017-5392
CVE-2017-5391
CVE-2017-5394
CVE-2017-5386
CVE-2017-5385
CVE-2017-5384
CVE-2017-5382
CVE-2017-5381
CVE-2017-5389
CVE-2017-5379
CVE-2017-5377
CVE-2017-5373
CVE-2017-5383
CVE-2017-5396
CVE-2017-5390
CVE-2017-5380
CVE-2017-5378
CVE-2017-5376
CVE-2017-5375


オリジナルへのリンク