本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10795
Mozilla FirefoxおよびFirefox ESRの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
04/26/2016
危険度
?
緊急
説明

Mozilla Firefoxでは複数の重大な脆弱性が発見されています。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用して、セキュリティ制限を回避したり、任意のコードを注入したり、特権を昇格させたり、サービス拒否を引き起こしたり、機密情報を取得する可能性があります。

以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. メモリ安全性のバグは、任意のコードを実行するために悪用される可能性があります。
  2. Mozilla Maintenance Serviceアップデータは、特別に細工されたファイルを使用してローカルから悪用され、任意のファイルを削除したり、権限をエスカレートすることができます。 (Windows)
  3. Android用Firefoxの未知の脆弱性は、以前にインストールされた悪質なアプリケーションを介してリモートから悪用され、機密情報を取得する可能性があります。 (5.0より前のAndroidバージョン)
  4. サービスワーカーで不適切なオブジェクトを処理すると、サービス拒否やその他の未知の影響を引き起こす可能性があります。
  5. バッファオーバーフローによってサービスワーカーの未知の脆弱性が悪用され、サービス拒否が発生する可能性があります。
  6. Android用Firefoxのオリエンテーションデータとモーションセンサーへの不正アクセスは、特別に細工されたJavaScriptコードを使用してユーザーの操作を開示することによって悪用される可能性があります。 (アンドロイド)
  7. 不適切なサイズの処理は、特別に細工されたWebコンテンツを介してリモートから悪用され、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
  8. 不適切なコンテンツセキュリティポリシー(CSP)をWebコンテンツに適用すると、細工されたWebサイトからXSS攻撃を行うことができます。
  9. ウェブエクステンション用のAPIの未知の脆弱性は、特別に細工されたウェブエクステンションを介してリモートから悪用され、XSSを実施し正当なエクステンションにコンテンツを注入することができます。
  10. 未知の脆弱性は、特別に細工された悪質なページから任意のコード実行を介してリモートから悪用される可能性があります。
  11. Firefoxヘルスレポートの不適切なイベント処理は、Firefoxヘルスレポートiframeにウェブコンテンツを挿入するためのリモートレポートiframe用の特別に細工されたコンテンツドキュメントを介して悪用される可能性があります。

技術的な詳細

Mozilla Maintenance Serviceの特権システムアクセスによる脆弱性(2)

脆弱性(3)は、ブラウザの履歴とローカルに保存されたパスワードを含むデータを読み取るために、悪意のあるユーザーがFirefoxにアクセスするコンテンツプロバイダのアクセス許可を許可します。これは、Firefoxがコンテンツプロバイダに使用しているものと一致するようにパーミッションのリストが定義され、署名保護をバイパスした場合に発生します。

ServiceWorkerInfoオブジェクトの登録が完了した後、アクティブなServiceWorkInfoオブジェクトを保持することによって引き起こされる脆弱性(4) 。結果としてuse-after-freeを取得します。

ServiceWorkerManagerの競合状態によって引き起こされる脆弱性(5)

不適切なCENCオフセットの処理とlibstagefrightライブラリのサイズテーブルによって引き起こされる脆弱性(7) 。バッファオーバーフローによって悪用される可能性があります。

multipart / x-mixed-replace MIMEタイプでCSPを送信することによって引き起こされる脆弱性(8)

chrome.tabs.update APIに関連した脆弱性(9) 。追加の権限なしでJavaScript URLへのナビゲーションが可能です。ブラウザのタブ内にコンテンツを読み込む場合、正当な拡張機能にコンテンツを挿入することは可能です。

脆弱性(10)はJavaScriptの.watch()メソッドに関連しており、基になるHashMapの32ビット世代数をオーバーフローさせることができます。結果として、無効なエントリに書き込むことになります。オーバーフローは、攻撃の間に悪意のあるページを開いたままにする必要があります。

脆弱性(11)により、攻撃者は、含まれているページで適切なイベントを発生させることにより、ユーザーの共有設定を変更することができます。

影響を受ける製品

46より前のMozilla Firefoxのバージョン
38.8より前のMozilla Firefox ESRのバージョン
Mozilla Firefox ESR 45より前のバージョン45.1

解決法

最新バージョンへのアップデート
Firefoxを入手する
Firefox ESRを入手する

オリジナル勧告

Mozilla Foundation Advisories

影響
?
CI 
[?]

ACE 
[?]

OSI 
[?]

PE 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Mozilla Firefox for Android
Mozilla Firefox ESR
Mozilla Firefox
CVE-IDS
?

CVE-2016-2804
CVE-2016-2805
CVE-2016-2806
CVE-2016-2807
CVE-2016-2808
CVE-2016-2809
CVE-2016-2810
CVE-2016-2811
CVE-2016-2812
CVE-2016-2813
CVE-2016-2814
CVE-2016-2816
CVE-2016-2817
CVE-2016-2820
CVE-2016-1780


オリジナルへのリンク