本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10751
Microsoft Windowsの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
02/09/2016
危険度
?
緊急
説明

Microsoft Windowsでは複数の深刻な脆弱性が発見されています。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を利用してサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したり、セキュリティ制限をバイパスしたり、特権を得ることができます。

以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. Windows Readerの未知の脆弱性は、特別に設計されたファイルを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  2. Windows PDFライブラリでの不適切なAPI呼び出し処理は、特別に設計されたPDFドキュメントを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  3. Windows Journalでの不適切な解析は、特別に設計されたジャーナルファイルを使用してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  4. Windowsカーネルでの不適切なメモリオブジェクトの処理は、特別に設計されたアプリケーションを介してログインした攻撃者が権限を得るために悪用される可能性があります。
  5. DLL読み込み時の不適切な入力検証は、任意のコードを実行するために特別に設計されたアプリケーションを介してログインした攻撃者によって悪用される可能性があります。
  6. Microsoft Sync Frameworkの未知の脆弱性は、特別に設計されたネットワークパケットを介して認証されたリモートの攻撃者によって悪用され、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
  7. Kerberosでのパスワード変更チェックの欠如は、特別に設計されたKerberos Key Distribution Centerを介してローカルで悪用され、セキュリティ機能をバイパスできます。
  8. Web Distributed AuthoringおよびVersioningクライアントでの不適切な入力検証は、特別に設計されたアプリケーションを介してログインした攻撃者が権限を得るために悪用する可能性があります。
  9. リモートデスクトッププロトコルでの不適切なメモリオブジェクトの処理は、認証された攻撃者が特別に設計されたアプリケーションを使用して特権を取得することによって悪用される可能性があります。
  10. Windowsカーネルモードドライバでの不適切なメモリオブジェクトの処理は、特別に設計されたアプリケーションを介してログインした攻撃者が権限を得るために悪用される可能性があります。
  11. ネットワークポリシーサーバーでのリモート認証ダイヤルインユーザーサービス(RADIUS)要求の不適切な処理は、サービス拒否を引き起こすように特別に設計された要求を介してリモートから利用できます。

技術的な詳細

脆弱性(3)を緩和するには、疑わしい添付ファイルを開く、ジャーナルファイルの関連付けを解除する、Windows Journal機能を無効にする、またはJournal.exeへのアクセスを拒否するなど、マイクロソフトが提案する回避策の1つを実装することもできます。この回避策の詳細については、 MS16-013のアドバイザリを参照してください。

脆弱性(4)の悪用を成功させると、攻撃者はカーネルモードで任意のコードを実行できます。

脆弱性(6)を悪用するために、攻撃者は "バッチ変更"構造を使用する特別に設計された入力を送信することができます。この脆弱性が悪用されると、ターゲットのSyncShareSvcサービスが応答を停止する可能性があります。

脆弱性(7)は、悪意のあるキー配布センターにワークステーションを接続することによって悪用される可能性があります。この脆弱性が悪用されると、攻撃者はKerberos認証をバイパスし、BitLockerで保護されたドライブを復号化できます。ターゲットマシンとターゲットシステムにログインしているドメインユーザーが、PINまたはUSBキーなしでBitLockerを有効にする必要がある場合のみ、このベクターによる攻撃が可能です。ドメインログオン情報のキャッシュを無効にすることにより、この脆弱性を緩和できます。回避策の詳細については、 MS16-014のアドバイザリを参照してください

脆弱性(8)を軽減するために、WebDAVドライバを無効にすることができます。回避策の詳細については、 MS16-016のアドバイザリを参照してください

脆弱性(9)を緩和するために、RDPを無効にすることができます。詳細な手順については、 MS16-017のアドバイザリを参照してください

影響を受ける製品

Microsoft Windows Vista Service Pack 2
Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 2
Microsoft Windows 7 Service Pack 1
Microsoft Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows RT 8.1
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows 10
Microsoft Windows 10 1511

解決法

Windows UpdateにリストされているKBセクションから必要な更新プログラムをインストールします(Windows Updateは通常、コントロールパネルからアクセスできます)

オリジナル勧告

MS16-021
MS16-014
MS16-017
MS16-016
MS16-013
MS16-012
MS16-018

影響
?
ACE 
[?]

SB 
[?]

PE 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Windows RT
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2008
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 10
CVE-IDS
?

CVE-2016-0058
CVE-2016-0051
CVE-2016-0050
CVE-2016-0049
CVE-2016-0048
CVE-2016-0046
CVE-2016-0044
CVE-2016-0042
CVE-2016-0041
CVE-2016-0040
CVE-2016-0038
CVE-2016-0036

Microsoftの公式アドバイザリ
MS16-021
MS16-014
MS16-017
MS16-016
MS16-013
MS16-012
MS16-018
KBリスト

3124280
3126587
3135173
3135174
3126593
3134214
3136082
3126434
3138938
3115858
3126446
3134228
3136041
3133043
3134700
3134811
3123294


オリジナルへのリンク