本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10723
Mozilla FirefoxおよびFirefox ESRの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
12/15/2015
危険度
?
緊急
説明

Mozilla Firefoxでは複数の重大な脆弱性が発見されています。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用してユーザーインターフェイスを偽装したり、サービス拒否を引き起こしたり、セキュリティ制限をバイパスしたり、特権を取得したり、任意のコードを実行したり、機密情報を取得する可能性があります。

以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. メモリの安全性のバグは、任意のコードを実行するためにリモートから悪用される可能性があります。
  2. JavaScriptエンジンでの複数の実装エラーは、特別に設計されたJavaScriptを使用してリモートから悪用され、任意のコードを実行したり、サービス不能を引き起こしたりする可能性があります。
  3. 未知の脆弱性は、特別に設計されたWebページを介してリモートから悪用され、同じ発信元ポリシーをバイパスして機密情報を取得することができます。
  4. 不適切なクッキーシンボルの格納は、機密情報を得るために特別に設計されたシンボルを介してリモートから利用することができます。
  5. WebRTCでの使用後の脆弱性をリモートから悪用して任意のコードを実行することができます。
  6. 整数オーバーフローは、特別に設計されたグラフィックス操作を介してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  7. エラーイベントでの未知の脆弱性は、機密情報を取得するためにリモートから悪用される可能性があります。
  8. URIでの不適切なシンボル処理は、特別に設計されたURIを介してリモートから利用され、ユーザインタフェースを偽装することができます。
  9. 整数アンダーフローは、サービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  10. 廃止されたライブラリとサポートされていないライブラリを利用することができます。 (Gnome Linux)
  11. 複数のバッファオーバーフローをリモートから悪用してサービス拒否を引き起こす可能性があります。
  12. アンダーフローは、サービス拒否を引き起こしたり機密情報を取得するためにリモートから悪用される可能性があります。
  13. 整数オーバーフローは、特別に設計されたMP4を介してリモートから悪用され、任意のコードを実行することができます。 (64ビット)
  14. 整数アンダーフローの脆弱性は、特別に設計されたMP4ファイルを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  15. WebExtension APIで未知の脆弱性がリモートから悪用され、権限を取得したり機密情報を取得することができます。
  16. 未知の脆弱性は、特別に設計されたURIを介してリモートから悪用され、セキュリティ制限を回避して機密情報を取得する可能性があります。

技術的な詳細

ボックス化されていないオブジェクトやプロパティの格納に伴う実装エラーに関連する脆弱性(2) 。この脆弱性は、Javascript変数の割り当て中に発生する可能性があります。

perfomance.getEntries()をiframeとともに使用してページをホストすると、脆弱性(3)が発生する可能性があります。この脆弱性により、元のURLとのクロスオーバーが発生する可能性があります(スクリプトの逆方向のナビゲート、コンテンツが元のリダイレクト先のブラウザキャッシュから取得されます)

RFC6265に違反して、クッキーに垂直タブのASCIIコード11を格納することによって引き起こされる脆弱性(4) 。この脆弱性により、サーバー側のCookie処理が不正確になる可能性があり、その結果、Cookieデータの設定と読み取りが行われる可能性があります。

脆弱性(5)は、WebRTCが別のWebRTC機能の終了後に開いていることをWebRTCが信頼するタイミングの問題に関連しています。

巨大サイズのテクスチャをmozilla :: layers :: BufferTextureClient :: AllocateForSurfaceに割り当てると、脆弱性(6)が発生します。

脆弱性(7)は、Webワーカーのエラーイベントを通じて情報を漏洩します。この情報は、認証トークンおよびその他のデータを取得するために使用できます。

不適切な「#」記号によるデータの脆弱性(8) 偽装URIにつながる可能性のあるURI。

脆弱性(9)は、1バイトのみの不正なHTTP2ヘッダーフレームまたは解凍されたバッファーサイズの計算ミスを伴うHTTP2 PushPromiseフレームによってトリガーされる可能性があります。

脆弱性(10)は、システムのgdk-pixbufライブラリを使用して、ファイル選択ダイアログのサムネイルをレンダリングすることによって発生します。このライブラリでサポートされている画像デコーダ(JasperとTGA)の中には、魅力的で脆弱なものがあります。この脆弱性はGnomeを持つLinuxシステムにのみ影響します。

DirectWriteFontInfo :: LoadFontFamilyData、XDRBuffer :: growおよびnsDeque :: GrowCapacityの OOMに関連する脆弱性(11)

RTPReceiverVideo :: ParseRtpPacketに関連する脆弱性(12)

脆弱性(13)はMPEG4Extractor :: readMetaDataに関連しています。

脆弱性(14)はlibstagefrightに関連し、 Metadata :: setDataの MP4カバーメタデータの解析中にトリガされる可能性があります。

脆弱性(16)は、 data:view-source: URIによってトリガされ、クロスサイトURLとローカルファイルの読み取りにつながる可能性があります。

影響を受ける製品

43より前のMozilla Firefoxのバージョン
38.5より前のMozilla Firefox ESRのバージョン

解決法

最新バージョンへのアップデート
Firefox ESRを入手する
Firefoxを入手する

オリジナル勧告

Mozilla Foundation Security Advisories

影響
?
SUI 
[?]

ACE 
[?]

OSI 
[?]

SB 
[?]

PE 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Mozilla Firefox ESR
Mozilla Firefox
CVE-IDS
?

CVE-2015-7223
CVE-2015-7222
CVE-2015-7221
CVE-2015-7220
CVE-2015-7219
CVE-2015-7218
CVE-2015-7217
CVE-2015-7216
CVE-2015-7215
CVE-2015-7214
CVE-2015-7213
CVE-2015-7212
CVE-2015-7211
CVE-2015-7210
CVE-2015-7208
CVE-2015-7207
CVE-2015-7205
CVE-2015-7204
CVE-2015-7203
CVE-2015-7202
CVE-2015-7201


オリジナルへのリンク