本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10678
Google Chromeの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
10/13/2015
危険度
?
緊急
説明

Google Chromeでは複数の重大な脆弱性が発見されています。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用して、サービスの拒否を引き起こすセキュリティ制限を回避したり機密情報を取得することができます。

以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. Blinkでの不適切なDOMツリーの回避策は、特別に設計されたJavaScriptコードを使用して、同じ発信元ポリシーをバイパスすることができます。
  2. PDFiumのフリー・アフター・フリーの脆弱性は、注釈操作によって悪用され、サービス妨害を引き起こす可能性があります。
  3. ServiceWorkerのフリー・アフター・フリーの脆弱性は、サービス拒否を引き起こすコールバック操作によって悪用される可能性があります。
  4. PDFiumでの不適切な辞書オブジェクトのキャストは、特別に設計されたPDF文書を使用してサービス拒否を引き起こす可能性があります。
  5. BlinkでのLocalStorageの制限の欠如は、機密情報を得るために特別に設計されたURLを介してリモートから免除することができます。
  6. libANGLEでの不適切なマッピングエラー処理は、デバイスの操作を介してリモートから悪用され、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
  7. FFMpegのメモリ破損は、特別に設計されたWebMファイルを介してサービス拒否を引き起こすためにリモートから悪用される可能性があります。
  8. BlinkでのCORS制限の欠如は、特別に設計されたリダイレクトを介してセキュリティの制限をバイパスするためにリモートから悪用される可能性があります。
  9. Google V8や他のGoogle Chromeコンポーネントの複数の脆弱性が悪用され、サービス拒否やその他の影響を引き起こす可能性があります。

技術的な詳細

core / dom / ContainerNode.cppのContainerNode :: parserInsertBefore関数に関連する脆弱性(1)。親ノードに子ノードが含まれていない場合にDOMツリーの挿入によってトリガされる可能性があります。

(2)は、PDFドキュメント内の注釈の誤った取り扱いによって引き起こされる可能性があります。この脆弱性は、fpdfsdk / src / fsdk_mgr.cppのCPDFSDK_PageView実装でエラーが発生したために発生します。

コンテンツ/ブラウザ/ service_worker / embedded_worker_instance.ccのuse-after-freeによって引き起こされる脆弱性(3)

fpdfapi / fpdf_parser / fpdf_parser_document.cppのCPDF_Document :: GetPage関数による脆弱性(4)

(5)は、 blob: URLに関連するベクトルを介してトリガーすることができる。プラットフォーム/ weborigin / SecurityOrigin.cppのshouldTreatAsUniqueOrigin関数によるこの脆弱性

レンダラー/ d3d / d3d11 / Image11.cppのImage11 :: map関数による脆弱性(6)は、デバイスが失われた後のマッピング失敗を誤って処理します。この脆弱性は、削除されたデバイスに関連するベクタによってトリガされます。

libavcodec / vp8.cのupdate_dimensions関数は、(7)を引き起こすマルチスレッド操作中の係数パーティション数に依存します。

(8)は、リダイレクトを介してトリガすることができます。この脆弱性は、フォントのURLが同じ起源であると思われる場合にCORS制限がないことが原因です。 core / css / CSSFontFaceSrcValue.cppのCSSFontFaceSrcValue :: fetch関数に配置された脆弱なコード

影響を受ける製品

46.0.2490.71より前のGoogle Chromeのバージョン(すべてのブランチ)

解決法

最新バージョンに更新してください。 old_chromeという名前のファイルは、更新後も引き続き検出されます。更新プログラムのインストール時に古いバージョンを削除しないGoogle Chromeの更新ポリシーが原因です。追加の削除手順については、ベンダーに連絡してください。また、この種のアラートは、自己責任で無視してください。
Chromeを入手する

オリジナル勧告

Google Chrome blog entry

影響
?
OSI 
[?]

SB 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Google Chrome
CVE-IDS
?

CVE-2015-6755
CVE-2015-6756
CVE-2015-6757
CVE-2015-6758
CVE-2015-6759
CVE-2015-6760
CVE-2015-6761
CVE-2015-6762
CVE-2015-6763
CVE-2015-7834


オリジナルへのリンク