本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10661
Microsoft Officeの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
09/08/2015
危険度
?
緊急
説明

Microsoft Officeに複数の深刻な脆弱性が存在します。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を利用して任意のコードを実行したり、XSS攻撃を行うことができます。

以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. 不適切なメモリオブジェクト処理は、特別に設計されたファイルを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行することができます。
  2. 不適切なユーザー提供のWeb要求サニタイズは、クロスサイトスクリプティングを行うために特別に設計されたユーザーコンテンツを介してリモートから悪用することができます。
  3. 未知の脆弱性は、特別に設計されたEPSファイルを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行する可能性があります。

技術的な詳細

脆弱性(2)を悪用するには、攻撃者は標的サイトに悪意のあるコンテンツを提出する能力を持っていなければなりません。場合によっては、ユーザーのコンテンツは消されません。ユーザーが悪意のあるコンテンツを含むWebページを訪問した場合スクリプトは、ユーザーのセキュリティコンテキストで実行できます。

(3)は、オフィス文書に含まれる特別に設計されたEPSグラフィックスを介して、またはユーザがこのグラフィックスをオフィス文書に挿入することによって利用することができる。また、Wordが既定の電子メールリーダー(既定)として選択されている場合、攻撃者は悪意のあるEPSグラフィックを含む特別に設計された電子メールを送信する可能性があります。このような状況では、ユーザーの操作を最小限に抑える必要があります(悪意のある電子メールをプレビューする)

影響を受ける製品

Office 2007 Service Pack 3
Excel 2007 Service Pack 3
Office 2010 Service Pack 2
Excel 2010 Service Pack 2
Office 2013 Service Pack 1
Excel 2013 Service Pack 1
Office 2013 RTサービスパック1
Excel 2013 RTサービスパック1
Excel for Mac 2011
Excel for Mac 2016
Office互換パックサービスパック3
Excelビューア
SharePoint Foundation 2013 Service Pack 1

解決法

Windows UpdateにリストされているKBセクションから必要な更新プログラムをインストールします(Windows Updateは通常、コントロールパネルからアクセスできます)

オリジナル勧告

MS15-099

影響
?
ACE 
[?]

XSSCSS 
[?]
関連製品
Microsoft Office
Microsoft Excel
CVE-IDS
?

CVE-2015-2520
CVE-2015-2521
CVE-2015-2522
CVE-2015-2523
CVE-2015-2545

Microsoftの公式アドバイザリ
MS15-099
KBリスト

3054813
3085487
3085501
3085502
3085543
3085483
3088502
3088501
3054995
3054987
3054993
3089664
3054932
3054965
3085526


オリジナルへのリンク