本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

KLA10656
Microsoft Windowsの複数の脆弱性
更新日: 07/05/2018
検出日
?
09/08/2015
危険度
?
緊急
説明

Microsoft Windowsおよび関連製品に複数の深刻な脆弱性が存在します。悪意のあるユーザーは、これらの脆弱性を悪用してサービス拒否を引き起こしたり、セキュリティ制限をバイパスしたり、特権を取得したり、任意のコードを実行する可能性があります。

以下は、脆弱性の完全なリストです

  1. Edgeでの不適切なメモリオブジェクトへのアクセスは、特別に設計されたWebサイトまたはユーザーのWebコンテンツを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  2. Active Directoryでの不適切なアカウント処理は、サービス拒否を引き起こすように操作するマシンアカウントを介してリモートから悪用される可能性があります。
  3. Adobe Type Managerでの不適切なフォント処理は、特別に設計されたOpenTypeフォントを使用してリモートから悪用され、サービス妨害を引き起こす可能性があります。
  4. Adobe Type Managerでの不適切なメモリオブジェクトの処理は、特別に設計されたアプリケーションを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  5. Windows、Office、およびLyncコンポーネントでの不適切なフォント処理は、特別に設計されたOpenTypeフォントを使用してリモートから悪用され、任意のコードを実行できます。
  6. カーネルモードドライバでの不適切なメモリオブジェクトの処理は、特別に設計されたアプリケーションを使用して特権を得ることができます。
  7. カーネルモードドライバでの整合性レベルの検証と執行の欠如は、特別に設計されたアプリケーションを使用して特権を得ることができます。
  8. 不適切なメモリアドレスの初期化は、侵害されたプロセスを介してローカルで悪用され、セキュリティ制限をバイパスすることができます。
  9. Windows Journalの未知の脆弱性は、特別に設計されたジャーナルファイルを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行したり、サービス拒否を引き起こしたりする可能性があります。
  10. 不適切な偽装レベルの検証と施行はタスク管理で行い、特別に設計されたアプリケーションを使用して特権を得ることができます。
  11. タスクスケジューラでの不適切なファイルの相互作用の検証は、特別に設計されたアプリケーションを使用して特権を得ることができます。
  12. Hyper-Vの不適切なアクセス制御リスト構成アプライアンスは、特別に設計されたアプリケーションを介してリモートから悪用され、セキュリティ制限を回避できます。
  13. Windows Media Centerの* .mcl(Media Center Link)ファイルの処理の制限が、特別に設計されたmclファイルを介してリモートから悪用され、任意のコードを実行する可能性があります。

技術的な詳細

(2)は、複数のマシンアカウントを作成することで利用できます。

(9)の悪用によるサービス拒否は、データの消失につながる可能性があります。

脆弱性(12)の悪用により、意図しないネットワークトラフィックが発生する可能性があります。 Hyper-Vの役割を無効にしているお客様は、この脆弱性の影響を受けません。

脆弱性 2,4,6,7,10,11)を悪用するには、脆弱性(2)がアカウントを作成するのに十分な権限を持つように、攻撃者がログインする必要があります。

影響を受ける製品

ウィンドウズ10
Windows Server 2008 Service Pack 2
Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Vista Service Pack 2
Windows 7 Service Pack 1
ウィンドウズ8
Windows 8.1
Windows RT
Windows RT 8.1
Office 2007 Service Pack 3
Office 2010 Service Pack 2
Lync 2013 Service Pack 1
Lync Basic 2013 Service Pack 1
Lync 2010
Lync 2010出席者
Live Meeting 2007コンソール
Windows Media Center

解決法

Windows UpdateにリストされているKBセクションから必要な更新プログラムをインストールします(Windows Updateは通常、コントロールパネルからアクセスできます)

オリジナル勧告

MS15-095
MS15-096
MS15-097
MS15-098
MS15-102
MS15-105
MS15-100

影響
?
ACE 
[?]

SB 
[?]

PE 
[?]

DoS 
[?]
関連製品
Windows RT
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2008
Microsoft Windows Media Center
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 10
Microsoft Office
Microsoft Lync
CVE-IDS
?

CVE-2015-2508
CVE-2015-2507
CVE-2015-2506
CVE-2015-2518
CVE-2015-2519
CVE-2015-2510
CVE-2015-2511
CVE-2015-2512
CVE-2015-2513
CVE-2015-2514
CVE-2015-2516
CVE-2015-2517
CVE-2015-2509
CVE-2015-2486
CVE-2015-2485
CVE-2015-2494
CVE-2015-2524
CVE-2015-2525
CVE-2015-2527
CVE-2015-2528
CVE-2015-2529
CVE-2015-2530
CVE-2015-2534
CVE-2015-2535
CVE-2015-2542
CVE-2015-2546

Microsoftの公式アドバイザリ
MS15-095
MS15-096
MS15-097
MS15-098
MS15-102
MS15-105
MS15-100
KBリスト

3089657
3087135
3081088
3085500
3084135
3087088
3072595
3081091
3081087
3081090
3081455
3085546
3085529
3089656
3069114
3089669
3082089
3089665
3091287
3087039
3081089
3087918


オリジナルへのリンク