本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.Win32.Parite

検出日 04/02/2009
クラス Virus
プラットフォーム Win32
説明

このウィルスは、アセンブラで書かれたドロッパーと、Borland C ++で書かれたウィルスパート自身で構成されています。

感染ファイルが起動されると、制御フローがウイルス駆除ツールに渡され、ウイルス駆除ツールがウイルスを一時ファイルに書き込み、感染処理を実行します。

このウイルスは、コンピュータのすべての論理ドライブ上の.scrおよび.exe拡張子を持つWin32 EXE PEファイルを検索し、ローカルネットワークの共有リソースに感染させて感染させます。

このウイルスは、何らかの形で自身の存在を明示しません。

感染ファイルの構造は次のようになります。

ホストファイル
ウイルス
dropper – "main"をTEMPディレクトリにドロップして実行します。
メイン – ファイルを検索して感染させるなど

この寄生メモリ常駐ウイルスは、Win32.Parite.aと機能的に同じです。 Parite.aと異なり、システムレジストリに作成されるキーのみが異なります。

 [HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerPINF] 

オリジナルへのリンク