本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.MSWord.Messa

クラス Virus
プラットフォーム MSWord
説明

技術的な詳細

これは暗号化されたマクロウイルスです。 CUS、EOP、ESA、NIZ、PLT、WEV、CROM、CUST、ESAA、INFO、MESSA、WATCH、BEEPER、README、AutoExec、AutoOpen、FileOpen、FileSave、FileSaveAs、TheVWarning、POOのマクロが含まれています。

このウイルスは、感染した文書を開く際にシステムに感染します。この文書は、新しい名前THEVWARN.INGでWord Startup-PathおよびUser-Dot-Pathにコピーされます。その結果、ウイルスはWordが起動するたびに起動します(WordはStartup-PathとUser-Dot-Pathからテンプレートを読み込んで読み込みます)。ウイルスはまた、グローバルマクロ領域に感染します。文書は開封時に感染する。

現在の時間に応じて、ウイルスはタイマーをフックし、タイマーにBEEPERマクロを設定します。また、Alt-Ctrl-Shift-Kを押すとTheVWarningマクロが実行されるOOPマクロ(POOという名前が変更されています)が実行されます。 1分でVWarningマクロがWATCHマクロを実行します。 WATCHマクロは、マクロの名前を変更します。


OEX – AutoExec
OOP1 – AutoOpen
EOP – FileOpen
ESA – FileSave
ESAA – FileSaveAs
NIZ – 主催者
CROM – ToolsMacro
PLT – FileTemplates
CUS – ツールカスタマイズ
CUST – ToolsCustomizeToolbar
WEV – ViewToolbars
BEEPERマクロはビープ音を鳴らし、MessageBoxを表示します。

本当に申し訳ない。私はあなたを邪魔するためにそれを私のものではありません。
しかし、たぶん…あなたがしなければならないことがあります!
MESSA macryはメッセージを表示します:

'V'警告メッセージ
あなたを妨害して申し訳ありません。私はあなたが疲れていると思う、
あなたが深夜まで働いたからです。
私は今あなたと寝ることをお勧めします
明日あなたは今日よりも懸命に働くことができます。
コタペラジャル、ジョグジャカルタ。


オリジナルへのリンク