本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.MSWord.Melissa

検出日 01/11/2002
クラス Virus
プラットフォーム MSWord
説明

技術的な詳細

このマクロウイルスは、Word 8およびWord 9(Office97およびOffice 2000)で複製し、Word文書およびテンプレートに感染し、そのコピーをMS Outlookを使用して電子メールメッセージで送信します。ウイルスは非常に高速な感染源です。ウイルスがシステムにインストールされると、電子メールの配布ルーチンによって、さまざまな電子メールアドレスに多くの感染文書が送信される可能性があります。ウイルスにはトリガールーチンがあり、システムレジストリが変更され、Wordマクロウイルスの保護が無効になります。

ウィルスは、電子メールメッセージでそのコピーを送信するために、VisualBasicの能力を使って他のMicrosoftアプリケーションを起動し、そのルーチンを使用する。ウイルスはMS Outlookへのアクセスを獲得し、その機能を呼び出す。ウイルスは、Outlookデータベースからアドレスを取得し、新しいメッセージを送信します。このマッサージは:

件名:「[ユーザー名]からの重要なメッセージ」(ユーザー名は可変です)

メッセージ本文:「ここであなたが求めたドキュメントは…誰も表示しない;-)」

このメッセージには添付文書もあります(感染していることは言うまでもありません)。ウイルスは現在編集中の文書(アクティブ文書)に添付されます。このような拡散の副作用として、ユーザーの文書(機密文書を含む)をインターネット上に送信することができます。

ウイルスは非常に多くのメッセージを送信することができます。Outlookアドレス帳(アドレスデータベース)をスキャンし、その中の各リストを開き、それぞれから50までのメッセージを送信します。リストに50件未満のエントリ(電子メールアドレス)がある場合、それらのすべてが影響を受けます。ウイルスは各リストごとに1つのメッセージを送信し、メッセージのTO:フィールドにはこのリストのすべてのアドレス(最大50)が含まれ、スパム対策フィルタによって無視されます。

ウイルスは感染した電子メールを一度に1つだけ送信します。送信する前に、ウイルスはシステムレジストリでIDスタンプを確認します。

HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftOffice "Melissa?" = "… by Kwyjibo"

このエントリが存在しない場合、ウイルスは感染したコンピュータから電子メールを送信し、このエントリをレジストリに作成します。それ以外の場合、ウイルスは電子メールルーチンをスキップします。その結果、ウイルスは感染した電子メールメッセージを1回だけ送信します。それ以降の試行では、「Melissa?=」エントリが検索され、スキップされます。

このウイルスは、Office2000(Word ver.9)の文書に広がることができます。この可能性は、オフィスの「変換」機能に基づいています。新しいバージョンのOfficeが開いて、以前のWordバージョンで作成されたドキュメントやテンプレートが読み込まれると、ドキュメント内のデータが新しい形式に変換されます。ウイルスマクロを含むファイル内のマクロプログラムも変換されます。その結果、ウイルスはOffice2000の下で自身を複製することができます。

ウイルスがOffice2000で実行される場合、追加の処理が実行されます。Office2000のセキュリティ設定(ウイルス対策保護)が無効になります(最小レベルに設定されます)。

ウイルスコードには、「Melissa」という名前の1つの自動機能付きモジュールが含まれています。感染ドキュメントでは「Document_Open」、NORMAL.DOT(グローバルマクロ領域)では「Document_Closed」です。このウイルスは、感染したドキュメントのオープン上のグローバルマクロ領域に感染し、クローズ時に他のドキュメントに広がります。文書やテンプレートを感染させるために、ウイルスは感染したオブジェクトからそのコードを「被害者」にコピーします。 NORMAL.DOTが感染している場合、ウイルスはそのモジュールを "Document_Close"と命名します。ウイルスがそのコードをNORMAL.DOTから文書にコピーすると、そのウイルスは "Document_Open"という名前を付けます。その結果、ウイルスは感染したドキュメントが開かれると同時にWordアプリケーションに自身をインストールし、閉じたときにのみ他のドキュメントに感染します。

このウイルスには、現在の日付が現在の時刻(分)と等しい場合にアクティブ化されるトリガールーチンもあります。ウイルスのマクロが制御権を獲得するたびに、このルーチンはテキストを現在の文書に挿入します:

22ポイント、トリプルワードスコア、および50ポイントの使用
すべての私の手紙。ゲームオーバー。私はここを離れますよ。

このテキストは、ウィルス作者「Kwyjibo」の仮名と同様に、人気のある「シンプソンズ」漫画TVシリーズへの参照です。

ウイルスには次のようなコメントがあります。

WORD / Melissa作者:Kwyjibo
Word 2000とWord 97の両方で動作する
ワーム?マクロウイルス? Word 97ウイルス? Word 2000ウイルス?あなたが決める!
Word – >電子メール| Word 97 < – > Word 2000 …新しい時代です!

Melissa.b

このウイルスのバージョンはウイルスではなく、ワームに変換されます。コードでは、グローバルマクロ領域やその他のドキュメントの感染ルーチンが「コメントアウト」されています(このコードはワームコードにありますが、テキスト "VisualBasic文字)。ワームのコードの著者のコメントにも言及されています。「実際にPCに感染させたくないだけに警告するだけです」

感染した文書は、次のものを使用してメッセージに添付されます。

件名:「Trust No One」
身体:「あなたが開くものは注意してください。ウイルスである可能性があります。

添付された文書が開かれると、ワーム拡散ルーチンが制御されます。システムレジストリで "Melissa.a"マークをチェックし、存在しない場合は、各Outlookアドレスリストから1つ(最初の)アドレスを取得し、itsownコピーの新しいメッセージをこれらのアドレスに送信します。ワームは、以下のテキストを現在のドキュメントに挿入します。

これは惨めな結果をもたらした可能性があります。あなたが次回開いたときにはさらに注意してください
Eメール。自身を守る!これらのWebサイトでは、
http://www.eos.ncsu.edu/eos/info/computer_ethics/www/abuse/wvt/worm/
http://www.nipc.gov/nipc/w97melissa.htm
http://www.cert.org/advisories/CA-99-04-Melissa-Macro-Virus.html
http://www.microsoft.com/security/bulletins/ms99-002.asp
http://www.infoworld.com/cgi-bin/displayStory.pl?990326.wcvirus.htm


オリジナルへのリンク