本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.MSWord.CyberHack

クラス Virus
プラットフォーム MSWord
説明

技術的な詳細

このウイルスには、Cyber​​Hackという25のマクロが含まれています:試し、CyInit、CyClose、Dok2Nor、Nor2Dok、サイバー、ホールド、保存、AutoOpen、FileClose、FileOpen、FileSaveAs、FileSave、HelpAbout、FileExit、ToolsOptions、FileNew、FileTxl、ToolsMacro、ToolsCustomize 、ToolsCustomizeKeyboard、ViewVBCode、オーガナイザ。

このウイルスは、自動マクロの実行時に複製を行います。すなわち、文書のオープン、クローズ、保存などです。

ウイルスはメニュー項目のTools / Macrosを消去します。また、ホットキーを表示するマクロを無効にします。金曜日に、メニュー項目「Help / About」を入力するか、ウイルスのWordを閉じると、ウイルスの作者とその名前のイメージを含むフォームが表示されます。

ウイルスにはコメントも含まれています:


WinKのハッカーによるマクロ
Pictureキャスパー・サタン
まったく知らないよりも試してみるのがいいです…
あなたを邪魔して私を許してください。
マイクロソフトは狂っている!ナンバヒンプログラミング施設
プロセッサーの言葉には恥ずかしい。
あなたが私に戻って来るとは思わない


オリジナルへのリンク