本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.MSWord.Antimarc

クラス Virus
プラットフォーム MSWord
説明

技術的な詳細

このウイルスは、Word97文書に感染し、グローバルな電子チャネルを介して広がります:chat-net mIRCおよびMS Outlook Express。これは、感染を広げるためにmIRCとOutlookを使用する最初の既知のマクロウイルスです。ウイルスにはコメントが含まれています:


W97M / antiMARC(Lord Natas [Codebreakers 98])
Rhape79に特別なおかげで
"私たちはただのおもちゃで、
ウイルスコードには、antiMARC、mIRCDropper、OE、Delay、AutoClose、AutoExec、AutoOpen、FileClose、FileExit、FileSave、FileSaveAs、ToolsMacro、FileTemplates、ViewVBCode、FormatStyleの各モジュールに15個のマクロが含まれています。

antiMARCマクロは主なウイルスマクロです。他のものは、何もしないもの(AutoExec)か、Word97文書を感染させるためにこのマクロを呼び出します。 mIRCDropperマクロは感染したドキュメントをチャットネットワークに送信し、OEマクロはOutlook Expressを使用して感染したメッセージを送信します。

ウイルスは、AutoExec以外の自動マクロの起動時にWord環境で複製します。つまり、ウイルスはグローバルマクロ領域に感染し、文書のオープン、クローズ、保存、新しい名前での保存、ツール/マクロ、ファイル/テンプレートの入力、他のメニュー。コードをコピーするために、ウイルスはWindowsディレクトリに作成されたSYSTEMMICROSOF.386ファイルを使用してエクスポート/インポート機能を使用します。

システムのランダムカウンタに応じて、ウイルスはチャットとOutlookの拡散ルーチンも実行します。チャットにそのコピーを送信する間、ウイルスはMIRC32.EXEユーティリティを使用します。これは、システムmIRC C:MIRCMIRC.INIファイルのmIRC警告メッセージを無効にし、感染ファイルC:WINDOWSXXXPASSWORDS.DOCとスクリプトC:MIRCSCRIPT.INIを作成します。

ウイルススクリプトファイルには、チャットに参加するすべてのユーザーに感染したXXXPASSWORDS.DOCファイルを送信する手順が含まれています。 "marcsux"部分文字列を含むメッセージがある場合、ウイルスはこのメッセージのホストに "#gotinfected777 X"というテキストを送信します。ウイルスはまた、チャットにメッセージを送信します。


マークフク・ヤウ・ファース
ウォーブレイドMARCのコックをつっぱっている?ええ、確かに!
超ちょっとM0therfux0r、X / Wをアップして、あまりにも太っています。
スーパー '私たちはviriiの配信をサポートしていない – 私はあなたが今、雌犬を行うと思います!
#gotinfected777キック・ミー! – 私は失礼です!
MS Outlook Expressを使用して自分自身を送信すると、C:ドライブに無作為に名前が付けられた感染ファイルが作成され、アドレス帳で20番目のアドレスが選択され、新しいメッセージが作成され、ランダムな文字で埋められ、感染ファイルが添付され、

J97Z / nagvZNEP ol Ybeq Angnf [Pbqroernxref 98]
この手順は言語に依存せず、ドイツ語版のOutlook Expressでのみ動作します。


オリジナルへのリンク