本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.MSPPoint.Attach

クラス Virus
プラットフォーム MSPPoint
説明

技術的な詳細

これは、MS PowerPointプレゼンテーションファイルに感染する最初の既知のマクロウイルスです。 MS Officeアプリケーションに感染する他のウイルスと同様に、これはVBA(Visual Basic for Applications)言語で書かれており、基本的な指示とMS PowerPointの機能を使用して拡散されます。

このウイルスには、「UserForm_Terminate」というイベント機能を持つマクロが1つ含まれています。この機能は、UserFormが閉じられるたびにアクティブになります。これは主なウイルス機能であり、ウイルス感染ルーチンを含んでいます。

ウイルス感染ルーチンが起動すると、「C:My Documents」ディレクトリおよびサブディレクトリツリー内の* .PPTファイルが検索され、ファイルが開き、そこにマクロコードがコピーされます。

PowerPointの内部構造のため、ウイルスは、ターゲットファイルにUserFormが存在する場合にのみ制御を取得できます。このウイルスは、ファイルにUserFormの存在をチェックし、そのようなプレゼンテーションだけを感染させます。そうしないと、ウイルスはファイルをスキップし、感染しないままにします。

ウイルスは決してそれ自体を明示しません。それはコメントが含まれている、最初の行はまた、重複感染を防ぐための識別テキストとしてウイルスによって使用されています:



PPT.Attach v0.1 / 1nternal


オリジナルへのリンク