本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Virus.Java.StrangeBrew

クラス Virus
プラットフォーム Java
説明

技術的な詳細

これは、Javaファイル(クラス)に感染する最初の既知のウイルスです。これは1998年8月に発見されました。ディスクファイルへのアクセスが許可されている(ディスクアクセスJava機能が許可されている)場合にのみ複製できます。つまり感染ファイルはアプレットではなくネイティブJavaアプリケーションとして実行されます。ウイルスが既知のブラウザで実行されている場合、そのウイルスは複製できません。システムは警告メッセージを表示してウイルスを終了させます。

ウイルスがアプリケーションとして実行されると、ディスクアクセスJava機能(ファイルの検索、オープン、読み取り、書き込み、クローズ)を呼び出す可能性があります。これらの機能を使用することで、ウイルスはファイル検索と感染ルーチンを実行します。カレントディレクトリに感染していないJavaクラスがあるかどうかをスキャンして感染させます。ウイルスに感染するとバイナリデータファイルとしてファイルが開き、ヘッダーが読み込まれ、内部Java形式が解析されます。

感染ルーチンを実行する前に、ウイルスは自身のコードにアクセスする必要があります。これは、ウイルスがこのコードを感染させながら他のJavaファイルにコピーする必要があるためです。ウイルスはメモリ内のコードにアクセスすることはできません。そのような機能はJava言語ではないため、現在のディレクトリで独自のファイル(ホストファイル)をスキャンし、そのフォーマットを解析し、ウイルスコードをスキャンして読み取ります。

その後、ウイルスは他のJavaクラス(.CLASS拡張子を持つファイル)を検索し、解析し、そのコードをファイルに書き込み、メインウイルスルーチンへの呼び出しをメインクラスルーチンに挿入します。

ウイルス機能にはStrange_Brew_Virus()が含まれています。これはウイルスをStrangeBrewという名前にする理由でした。 「Strange_Brew_Virus」文字列は、テキストエディタで感染ファイルを参照する際にも表示されます。


オリジナルへのリンク