本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Intrusion.Win.NETAPI.buffer-overflow.exploit

クラス Intrusion
プラットフォーム Win
説明

侵入型侵入型攻撃は、ネットワークを介して脆弱または不適切に構成されたアプリケーション、サービス、およびオペレーティングシステムを悪用して、任意のコード実行と不正なネットワーク動作を実行しようとします。侵入攻撃が成功すると、ターゲットホスト上でリモートコードが実行される可能性があります。 説明 Intrusion.Win.NETAPI.buffer-overflow.exploit攻撃は、Windowsコンピュータをターゲットとし、特別に細工されたRPC要求を介してServer Service NetAPIライブラリのパス正規化パーサーの欠陥を悪用しようとします。攻撃は、RPC要求を実行するための基本プロトコルとしてSMBを使用します。したがって、TCPポート139および445で動作します。NetAPIバッファオーバーフローの脆弱性は、Microsoft Security Bulletin MS08-67(https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms08-067.aspx)で修正されています。 。悪用を成功させると、ターゲットマシン上でリモートでコードが実行される可能性があり、攻撃者はマルウェアをロードしてネットワーク上の他の脆弱なホストに伝播する可能性があります。 Net- Worm.Win32.KidoマルウェアはNetAPIバッファオーバーフロー攻撃を利用してネットワークに広がっていました。


オリジナルへのリンク