本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Exploit.HTML.ObjData

クラス Exploit
プラットフォーム HTML
説明

技術的な詳細

ObjDataはスパムメールによく見られる悪用です。

ObjDataはオブジェクトタイプの脆弱性と2つの脆弱性を使用して、攻撃者が以下のセキュリティ情報に記載されているMS Windowsでユーザーのシステム上で任意のコードを実行させる可能性があります。

これらの脆弱性は、ユーザーが特別に構成されたHTMLページを訪問した際にランダムな悪意のあるコードが実行されるため、重要です。

ファイルの最後のコード例:

上記の解読:

 http://www.fatbonuscasino.com/page.php 

ユーザーがこのサイトに接続すると、一連のトロイの木馬が突き当たります:

  • Trojandropper.VBS.Zerolinは TrojanDropper.Win32.Small.eiをそれ自身から抽出して実行します。
  • Small.eiは順番に、2つ以上のトロイの木馬、つまりTrojanNotifier.Win32.Small.dとTrojanProxy.Win32.Daemonize.jを抽出します。

その他

カスペルスキーのウイルス対策製品が、2004年11月1日18時から22時にモスクワ時[GMT + 3]間にシステム上でこの悪質なコードを発見した場合、これは誤った警告であった可能性があります。製品を更新し、再度スキャンして確実に確認することをお勧めします。


オリジナルへのリンク