本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Exploit.HTML.CodeBaseExec

クラス Exploit
プラットフォーム HTML
説明

技術的な詳細

疑わしいメッセージ "Exploit.CodeBaseExec"は、スキャン対象のHTMLページに、Microsoft Internet Explorer任意プログラム実行脆弱性(Object Execute Invocation from Object Tag)脆弱性を悪用したコードが含まれていることを意味します。

Microsoft Internet Explorer 5.01,5.5および6.0は、コードページプロパティをローカルコンピュータゾーンの一部としてHTMLページ上で呼び出すオブジェクトを扱います。これにより、リモート攻撃は、 ポップアップオブジェクトなどのオブジェクトを介してローカルシステム上に存在する実行可能ファイルを呼び出すことができます。

脆弱性ID:

bugtraq id:3867
cve:CAN-2002-0077

この脆弱性に関する詳細は、次のリンクを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/ms02-015.asp?frame=true#CVE-CAN-2002-007
http://online.securityfocus.com/cgi-bin/vulns-item.pl?section=info&id=3867

Microsoftは2002年3月28日にInternet Explorerのこの脆弱性を排除するパッチをリリースしました。このパッチをダウンロードするには、次のリンクを参照してください。http : //www.microsoft.com/windows/ie/downloads/critical/Q319182/default.asp


オリジナルへのリンク