本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Email-Worm.Win32.Silly

検出日 11/14/2005
クラス Email-Worm
プラットフォーム Win32
説明

このワームは、感染したメッセージへの添付ファイルとしてインターネット経由で拡散します。それは犠牲者のコンピュータから収穫された電子メールアドレスに自身を送信します。

ワーム自体は、サイズが15462バイトのPE EXEファイルで、Visual Basicで記述されています。

インストール

インストール時に、このワームはWindowsルートディレクトリのFontsフォルダにランダムな名前で自分自身をコピーします。

 %Windir%フォント<ランダムな名前> .com 

また、ワームは自身をシステムレジストリに登録し、被害者マシン上でWindowsが再起動されるたびに起動されます。

 [HKLMSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionRun]



 "TempCom" = "%Windir%フォント<ランダム名> .com" 

ワームは、以下のシステムレジストリエントリを変更します。

[HKCUSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerCabinetState]
"fullpath" = "1"

[HKCUSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvanced]
"HideFileExt" = "1"
"非表示" = "0"

電子メールによる伝播

ワームは、被害者マシン上のMS Windowsアドレス帳から取得したアドレスに自身を送信します。

感染したメッセージ

メッセージの件名

資料

添付ファイル名

 Document.exe 

オリジナルへのリンク