本サービスには一部、Googleの支援により翻訳されたコンテンツが含まれます。Googleは、明示または黙示を問わず、市場性、特定目的への適合性、ならびに非侵害の黙示的保証を含む、翻訳の精度、信頼性、正確性に関連するあらゆる点において保証しません。

Kaspersky Labの本Webサイトは、便宜上、Google Translateを搭載した翻訳ソフトウェアを利用して翻訳されています。正確な翻訳となるよう合理的な努力を払ってはおりますが、自動翻訳の正確性は完全ではなく、翻訳者(人間)による翻訳に代わるものとして意図されているものでもありません。翻訳はKaspersky Labの本Webサイトをご利用の皆様の利便性を図るためのものであり、「翻訳結果をそのまま」ご提供するものです。英語からその他言語への翻訳における精度、信頼性、正確性に関しては、明示または黙示を問わず、いかなる保証もなされません。翻訳ソフトウェアのため、コンテンツの一部(画像、動画、フラッシュ等)は正しく翻訳されない場合があります。

Backdoor.Win32.AckCmd

クラス Backdoor
プラットフォーム Win32
説明

技術的な詳細

このTroajnプログラムは、犠牲PCのリモート管理に使用できます。これには、クライアントコンポーネントとサーバーコンポーネントがあります。

サーバーコンポーネントはMicrosoft Visual C ++で記述されています。サイズは28672バイトであり、決してパックされません。クライアントコンポーネントもMicrosoft Visual C ++で書かれており、サイズは32768バイトです。それは決して詰め込まれません。

ペイロード

リモートの悪意のあるユーザーが、自分のマシンでクライアントコンポーネントを起動します。これにより、被害者マシンにインストールされているサーバーコンポーネントにコマンドを送信することができます。悪意のあるユーザーは、被害者のマシンのアドレスを与える必要があります。

このプログラムには、次の文字列が含まれています。

AckCmd 1.1 – Windows 2000のAckコマンドプロンプト
– (c)2000、**** Vidstrom、****.vidstrom@****curity.nu
– 手順については、http://****curity.nu/toolbox/ackcmd/を参照してください。

サーバーコンポーネントは、リモートの悪意のあるユーザーが被害者マシン上でコマンドラインを開き、被害者マシン上のコマンドラインからコマンドを実行することを可能にします。

このバックドアの興味深い機能は、ACKパケットのみを使用することです。これは、標準接続が確立されていないことを意味します。むしろ、データはACKパケットを使用して直接送信される。これにより、トロイの木馬がいくつかのファイアウォールをバイパスすることが可能になります。

バックドアには複製ルーチンはありません。

削除手順

  1. タスクマネージャを使用して、トロイの木馬のプロセスを終了します。
  2. 元のバックドアファイルを削除します(被害者マシン上の場所は、プログラムが最初に被害者マシンに侵入した方法によって異なります)。
  3. ウイルス対策データベースを更新し、コンピュータのフルスキャンを実行します(Kaspersky Anti-Virusの試用版をダウンロードしてください)。

オリジナルへのリンク